« 新清掃工場入札 明日開札 | トップページ | お墓参りなど お盆でゆっくりと過ごしました »

2009年8月14日 (金)

清掃工場 落札者決定

お盆という日本の伝統的習慣を皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。

年間で成田空港が混雑する代表的なシーズンでもありますので、家を離れる方も多いのだと思います。一方、各地の高速道路が大渋滞している背景には、先祖のお墓のある生まれ故郷に帰る方も多いという事だと思います。

お盆と言えば私の地元でもかつては盆踊りが盛大に行われていました。また、成田市内でも各地で盆踊りが開催されていましたが、このお盆の期間中に地区で盆踊りを行っているのは市内で4箇所のみのようです。ちなみに4箇所とは、豊住地区、八代区、取香区、大竹(坂田ヶ池で今年から始まりました)です。

Img_1335 そのうち今日は豊住地区と八代区の盆踊りに参加させて頂きました。

どちらの会場でも踊りの輪に入らせていただき、夏の伝統行事に直接参加させていただきましたが、主催された地元の皆さんのご苦労に頭が下がる思いでした。

Img_1343 継続する上では毎年ご苦労もあるかと思いますが、夏の風物詩を残すように今後も頑張っていただければと思った次第です。

さて、今日は新清掃工場の建設・管理運営事業の改札が行われました。昨年末からこれまで新聞等でも入札執行の手続きが不透明であるとして取り上げられ、成田・富里両市民に不要なご心配をおかけしましたが、入札が執行され落札者が決定したと言うことで今後具体的な手続きに入っていくことになります。

結果は以下の通りです。金額は入札の総額で、建設工事費と運転管理費(20年間)を合算し売電収入額を引いたもので税抜き価格です。

  • 新日鉄エンジニアリング 194億7098万8,000千円
  • JFEエンジニアリング   219億3164万1,020円
  • 川崎技研          180億4525万5,198円  (落札)

予定価格は、総額で274億5千万円ですので、落札額との差は約95億円。結果だけを見ると予定価格の算出が妥当であったのか、あるいは各メーカーの競争が予想を超えていたのかなどと考えてしまいます。

この大きな差は、運転業務費に現れており、総額の274億5千万円の内、建設工事費の予定価格106億5千万円、運転業務費の予定価格168億円に対して以下のような結果でした。

  • 新日鉄  (建設)88億1,600万円 (運転)115億1,000万円
  • JFE        92億5,000万円     135億1,000万円
  • 川崎技研     89億円           94億9,687万9,198円

なお、予想売電収入(20年間)は以下の通りです。

  • 新日鉄  8億5,501万2,000円
  • JFE    8億2,835万8,980円
  • 川崎技研 3億5,162万4,000円

つまり、落札者である川崎技研は、CO2発生量が少なく熱量が少ないことが解りますが、この熱量が低いことが日々のごみ量の変動にどのように影響してくるのか等、様々な視点において議会として審査しなければなりません。

|

« 新清掃工場入札 明日開札 | トップページ | お墓参りなど お盆でゆっくりと過ごしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清掃工場 落札者決定:

« 新清掃工場入札 明日開札 | トップページ | お墓参りなど お盆でゆっくりと過ごしました »