« JC OB会 議会へのご意見はありがたいものです | トップページ | 今日は子守担当 »

2010年1月29日 (金)

ワクチン助成 新高速鉄道 職員の対応 3つ報告させていただきます

医療関係者よりワクチン助成の要望
 市内の開業医の方から連絡があり、成田市のワクチン接種のあり方についてご意見をいただきました。
昨年11月15日のこのブログにも書きましたが、ワクチン接種の基本的考え方を検討する必要があると感じています。
 特に、国による一律の施策ではなく、自治体が独自にワクチン接種に対する助成制度が始まってきている中で、成田市としても考えるべき内容であると考えます。
 昨年末、世界的に普及している子宮頸がんワクチンについて、新潟県魚沼市が接種希望者に全額補助することを決定した報道がありました。
 日本が「ワクチン後進国」とまで表現されてしまっている現状を認識して、国による行動を待たずに成田市においても市民の健康について真剣な議論が必要であると考えます。

新高速鉄道開業まで着々と
 午後から成田高速鉄道アクセス株式会社(NRA)の役員の方々と市役所の担当職員から、1月17日に行われたレールウォークや近況についての報告を受けました。
 この中では、議会としても「高い」と感じている運賃設定に関する内容が話題の中心となりましたが、合わせて今後の成田空港の更なるアクセス向上や成田空港の競争力を高める取り組みについて様々な意見交換をさせていただきました。
 その中で、鉄道利用者の利便性向上策として、「駅でチェックインを可能として荷物も預けられる」という提案がありました。
 今回もそのような取り組みについて検討がなされた経緯があるようですが、今のところ実現に至る道筋は立っていないようです。
 しかし、セキュリティーの問題等がクリアされれば成田空港利用者のトータル時間短縮を目指す上で非常に有効な取り組みである感じています。
 今後も鉄道事業者などの貴重なご意見や提案を、成田空港戦略に活かして行く必要性を強く感じた意見交換でした。

職員の夜間の対応に感謝
 前にもお知らせしましたが、市役所の職員は市民の皆さんが市役所で見る働く姿とは別に、市役所から出て市内外の各所で早朝や夜間に働いている事実があります。
 滞納した税金や給食費などの徴収のための訪問、様々な事業の準備や後片付け、道路や施設建設に伴う地元説明・地権者との交渉、教育関係の問題の解決などなど、実は挙げるとかなりの時間外業務があります。
 12万6千市民の生活の中に直接入って、時には厳しい言葉を浴びせられることも多いようですが、根気よく仕事に当たっている姿を時々目の当たりにすることがあります。
 今日も、私の住む三里塚地区の狭隘道路の改善について、地元の要望に応えて夜間の説明会に対応していただきました。
 この中で、本来市が自ら積極的に入り込む内容でない事まで、「ご要望があれば対処します」と迷うことなく答えていた光景を見て心強く感じました。
 時に公務員の資質や仕事ぶりが批判される時もありますが、日夜市民生活の向上のために働いている多くの職員がいることを市民の皆さんにも理解をしてもらえれば幸いです。

|

« JC OB会 議会へのご意見はありがたいものです | トップページ | 今日は子守担当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワクチン助成 新高速鉄道 職員の対応 3つ報告させていただきます:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/01/31 09:24) [ケノーベル エージェント]
魚沼市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 09時24分

« JC OB会 議会へのご意見はありがたいものです | トップページ | 今日は子守担当 »