« 八ッ場ダム予算は来年度も計上 | トップページ | 息子いわく 建国記念日は「日本の誕生日」 »

2010年2月10日 (水)

議長会研修会

今日は千葉県市議会議長会の研修会が千葉市内で開催されました。
研修会は、経営コンサルタント 株式会社ザ・プランニング代表取締役の小島裕二氏を講師に招いて、「地方自治体・議会のミッションとビジョン」から始まり、リスクマネジメントなどについて約1時間30分、講演がありました。

小島氏は、主に企業活動等中心の内容について著名な講師ですが、自治体経営や議会として、あるいは議員としてのあり方にも共通する内容であると感じた講演でした。

講演が始まってすぐに、私にマイクが向けられ質問が浴びせられました。

「議会のミッションとは何ですか?」との質問に、
「行政の監視と政策立案であると考えています」と答えると
「それは達成できる状況にありますか?」とつっこまれ、
「現状は十分とはいえないと思います」と再び答え、
「それはなぜですか」とさらに質問され、
「議員個々の資質の問題と、住民の代表機関組織としての機能不全があると感じています」と答え、
更に質問が浴びせられるのを覚悟をしていたところですが、それ以上はつっこまれず安堵したところです。

その後も、各議長に質問しながらの講演で、あっという間に過ぎた感がありますが、とっさの質問に「果たして十分対応が出来たか?」と振り返り、”議会のミッション”として「市としての意思決定」という重要な内容を言うべきであったととか、色々との反省の念も感じました。

講演の後半は、リスクマネジメントについて強調され、私個人的には有意義な研修であったと感じています。

研修会の後、会場を移して懇親の場があり、色々と意見交換をさせていただきました。

特に、前回の議長会で私から、”成田空港の歴史と位置づけを千葉県全体として理解し応援してもらいたい”旨の発言をさせていただいた関係もあり、各地の議長から「成田空港頑張ってください」などの言葉を多く頂いたところです。

また、議会改革の進捗状況についても情報交換が出来て、成田市議会としても今後の取り組みにいれいている”予算委員会の常設化””執行部への反問権の付与”などについて意見交換することが出来ました。

更に、講演の中でもあった内容ですが、「”議会だより”が市民の目線で作られているか」との問いかけに、成田市議会としても何か工夫をしてみたいと感じた今日の研修会です。

|

« 八ッ場ダム予算は来年度も計上 | トップページ | 息子いわく 建国記念日は「日本の誕生日」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議長会研修会:

« 八ッ場ダム予算は来年度も計上 | トップページ | 息子いわく 建国記念日は「日本の誕生日」 »