« 新年度予算が明らかに | トップページ | 議会が開会 »

2010年2月18日 (木)

議員の議案への態度表明 公表を模索

これまで議会改革を進めて来ましたが、ようやく標準レベルぐらいまでは達したかと感じている昨今です。
市民からすれば、「議会の存在が見えない」、「議員はいつも何をしているのか」と言うような批判も未だに多く存在しているかもしれませんが、着実に改革が進んでいることをご理解いただきたいと思います。

その中で、”議会だより”のリニューアルも議論が進みつつありますが、合わせて議員個々の議案に対する賛否の公表をすべきではないかと提案させていただきました。

市長から毎議会多くの議案が提案されますが、それぞれの議案、あるいは請願などについて、どの議員が賛成したのか、反対したのかなど今は傍聴席から見るか映像で確認するかしか手段がありません。

そこで、ホームページや議会だよりに議員の議案に対する賛否の態度を表示してはどうかと考えたところです。
多くの議員の賛同が必要となる内容ですので、いつから実施できるかは未定ですが、議員の皆さんの賛同を得られるように努力してみるつもりです。

|

« 新年度予算が明らかに | トップページ | 議会が開会 »

コメント

動的議会運営を見せるべきと思います。我々市民にとっては、議案は可決・否決と言った結果のみとなって届く事が多いようです。するとどうしても静的・閉鎖的なイメージがつきやすいようです。
動かないモノに動物はあまり興味を示さないと言われています(特に♂は)。人間の本能、特に狩りをしていた男性にはそうした性格が残っているのかも知れません。「議会の存在が見えない」、「議員はいつも何をしているのか」は、そうした心理から発せられている信号のひとつかも知れません。

賛否の明確化は素晴らしいと思います。しかし、最初から意思表明をする事で議論が硬直化する恐れもあるので、賛否と共に「否定的保留・中立的保留・肯定的保留」など、議員個人が現状でははっきり意思表明できない事も明確化し、議論が深まる中での時間軸での変化も見れればよいと思います。いずれにせよ、議会の存在意義がとり立たされる昨今ですので、議会主導と言うか、政治主導への道筋は重要です。ご健闘を祈念致します。

投稿: terra | 2010年2月20日 (土) 08時35分

terraさんにはいつも色々とご指摘いただき感謝しています。
これからもどしどしよろしくお願いします。
議員の議案に対する賛否の公表ですが、現在各会派に持ち帰って検討してもらっている段階です。
早ければ、この3月議会の議案について、まずはホームページに掲載できるのですが、各会派のご賛同が得られるか、今少し努力が必要かと感じているところです。
実現に向けてこの議会会期中、頑張っていきたいと思います。

投稿: 小池まさあき | 2010年2月25日 (木) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議員の議案への態度表明 公表を模索:

« 新年度予算が明らかに | トップページ | 議会が開会 »