« 個人の一般質問が始まりました | トップページ | ご意見を拝聴しながら努力します »

2010年2月26日 (金)

不本意でしたが傍聴者に退場命令

今日で一般質問の日程が終わり、議会の前半が終了したといえると思います。
5人の議員の質問も様々な視点があり、議長席から伺っていても参考となる内容が多くありました。

昨日、NAA(空港会社)が反対同盟の「天神峰現地闘争本部」の撤去と明け渡しを求めていた訴訟の判決が千葉地裁であり、法廷において反対同盟の関係者らが妨害とも思える行為があったと聞いていました。

そして今日の質疑で、「天神峰現地闘争本部」に隣接した市道十余三天神峰線、通称団結街道の廃止の議案に対して質疑が行われた際、反対同盟関係の傍聴者が傍聴規則を無視して騒ぎ立て、再三の注意も聞き入れなかったため、私から退場を命じました。

しかし、職員の誘導にも全く従うそぶりも見せなかったため一時休憩を宣言し、警察とも対応を協議した後午後4時55分議会を再開し、多少のヤジがある中淡々と議事を進めさせていただきました。

傍聴人に退場を命じる事はできれば避けたいと考えていましたが、議場内の発言が全く聞き取れないほどに至り、更に暴言とも取れる内容が議場に響き渡りはじめ、注意を聞き入れる状況には全く無いと判断して、退場を命じた次第です。

反対運動が激しかった頃を知る先輩議員にして見ると、「昔はしょっちゅうだった」との事。”本当に久しぶりの雰囲気”だったようです。

空港の新たな誘導路建設に関連する市道廃止の議案がこの後、委員会で審査され、最終日の本会議で議決に付される予定ですが、議事を取り仕切る私としては、あくまで議会の秩序を守る事を優先に考えて行きたいと思います。

|

« 個人の一般質問が始まりました | トップページ | ご意見を拝聴しながら努力します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不本意でしたが傍聴者に退場命令:

« 個人の一般質問が始まりました | トップページ | ご意見を拝聴しながら努力します »