« 各委員会の内容を報告させていただきます | トップページ | 委員会中の離席に対するご意見をいただきました »

2010年3月 4日 (木)

今日も二つの委員会に出席しました

今日は午前10時から医療問題特別委員会、午後2時から新駅・基幹交通網整備特別委員会の二つの委員会が開催され、オブザーバーとして出席しました。

午前中の医療問題では、まず「成田市初期救急医療体制に関する覚書」が議論され、12月議会で議決した成田赤十字病院(日赤病院)での初期救急医療確保のための負担のあり方や、今後の初期救急医療に対する成田市、医師会、医師団、日赤病院(四者)の取り組みについて確認をしたところです。
今日の委員会で了承されたことで、今月中にも四者合意の下、覚書が調印される予定です。

その後、何点かの報告がありましたが、4月1日から日赤病院が完全週休二日制となる事が報告されました。
既に全国の日赤病院の75%が完全週休二日制を実施しているとの事でしたが、委員からは”決定前に相談があっても良かったのでは”との思いの質疑があったところです。
今後、覚書が調印されることで、一層の情報の共有や問題への対応などが進むことを期待したいと思います。

午後からの委員会では、主に成田新高速鉄道関連についての説明があり、”高い”運賃設定の根拠などについて質疑がありました。
運賃の設定は、運行主体である京成電鉄が行っているため、今日の委員会の中でも議論は深まりませんでしたが、1月下旬に行われた運賃申請に関する公聴会の内容を見る限り、京成電鉄の花田社長から

  • 羽田空港の国際化による国際線利用客の分散化がある
  • 航空旅客を平成22年で3,490万人見込んでいたが2,940万人(16%減)となった
  • 30万回の発着容量は物理的に可能ということで確約されていない

など、空港そのものに後ろ向きとも思える発言があったことがわかりました。

成田空港に関して地元としては、危機感を持ちながら更なる発展を目指さなければならないと考えていますが、鉄道会社としては様々な情勢を判断し、第3者的な見方をしているということかもしれません。

|

« 各委員会の内容を報告させていただきます | トップページ | 委員会中の離席に対するご意見をいただきました »

コメント

新自由主義経済は、飽くなき人間の欲望によって突き動かされ崩壊しました。
経済活動は原則自由でなければなりませんが、同時にそこには暗黙の了解として共通規範がなければならなかったのですが、マックス・ウェーバー的西欧プロテスタントの倫理観が世界経済全体のパラダイムとなっていた時代ならともかく、グローバル化され価値観も多様化し、上記の思想が大多数とは言えなくなってきた時代においては、自由経済は熾烈な競争原理に助長された挙句、安全装置のない暴走列車となって破綻へと突進してしまったようです。ある意味「自由は素晴らしい!」と宣言した時、そこに含まれるわずかな「毒」についての議論は封印されてしまったわけです。

日本人には伝統的に「足るを知る」精神があります。(私的には、「私利私欲に突き動かされるだけではなく、自然を含む自分以外の存在と調節をはかり、そしてどのような生活次元においても、多かれ少なかれ充足感を感じながら生きる心構え」と理解しています。)これは、東洋世界においても、今や特異な思想かも知れませんが、その明文化と世界に向けての発信はまだまだ脆弱です。人間の経済活動が地球規模の環境に影響を及ぼす時代において、かかる思想の更なる体系的・論理的発信が重要に思われます。そして、その具現化において、この地域の果たす役割は大きいといえます。世界に開かれた空港と伝統的町並みや緑豊かな大地、近くには豊穣なる大洋があります。人間の福祉の基本となる衣(医)・食・住と、自然環境との共生が、新たな経済活動の基点のひとつになると思います。21世紀の世界的・戦略的政治・経済に関る人々には、更に高い志を持ち、胸を張って自らの持つ思想について語ると同時に、夢と情熱を共有し実践されるようお願い致します。

投稿: terra | 2010年3月 5日 (金) 09時57分

terraさん、いつもありがとうございます。また特に今回は勉強になる内容をありがとうございました。
ここ数年、私は「資本主義が行き着くところはどこなのか」という疑問を持つようになりました。ただし、決して資本主義を否定するものではなりませんが、日本を見ても世界的見地においても単に社会主義あるいは資本主義というくくりの中ではこれからの将来、行詰るのではないかという不安です。
経済的な発展を誰もが望む現実の中で、競争が激化し本来の人間性を失う恐れもあるのではないかと思う昨今です。
私は、成田市の中で活動しているためあまり大きなことは言えませんが、常に今に対する疑問をその取り巻く情勢を分析しながら行動しなければならないと感じています。
そのような時に、やはり多様な意見を拝聴しなければならず、多くの市民の皆さんを含めて直接ご指導いただけることに心から感謝したいと思います。
そして、自らの主張に胸を張り、夢と情熱を持って活動して行けるように今後も頑張ってみたいと思います。

投稿: 小池まさあき | 2010年3月16日 (火) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日も二つの委員会に出席しました:

« 各委員会の内容を報告させていただきます | トップページ | 委員会中の離席に対するご意見をいただきました »