« 成田空港周辺地域共生財団 平成25年までに運用財産は枯渇 | トップページ | 各地区の総会に出席 »

2010年3月27日 (土)

農協総代会 地元の農業振興にもっと取り組まなければと感じました

73d82 今日は午前中に成田市農業協同組合の第45年度通常総代会、また夕方からも地区の総会に出席しました。明日も地元地区をはじめ4つの総会に出席する予定で、年度末、年度初めの総会シーズンといった感じです。

さて、農協の総代会ですが、議長に就任して初めて参加しましたが、総代を務める方々や組合員の皆さんが多く出席されていた事が印象的です。
しかし一方で、農業を取り巻く状況は、ここ数年将来の成長産業として位置づけられながらも、依然として厳しい状況が続いているのが現実です。

成田市農協でも地元産品のブランド化などに取り組み、徐々にその成果も見られるところですが、これも既に全国的な競争が激化している中で、多くの農家の方々の直接的な利益確保や地位の向上に繋げるにはさらなる取り組みの強化が必要であると感じたところです。

成田市は、今や農業が大きな産業の一つとなっている都市でもあることから、農道整備などのハード面だけでなく、これまで以上に様々な視点において地域農業の振興に力を入れる必要があると感じています。
特に、農業振興を市の各部局がそれぞれの施策と結び付けて行う必要性を訴えるもので、成田市の得意とする観光面や食育の重要性が問われる教育面など、市のあらゆる分野の様々な機会を通じて地元産品のPRなどを行う必要性があると考えています。

|

« 成田空港周辺地域共生財団 平成25年までに運用財産は枯渇 | トップページ | 各地区の総会に出席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農協総代会 地元の農業振興にもっと取り組まなければと感じました:

« 成田空港周辺地域共生財団 平成25年までに運用財産は枯渇 | トップページ | 各地区の総会に出席 »