« ニュータウンの比較 | トップページ | いつもと違う雰囲気 アイスランド火山噴火の影響か »

2010年4月16日 (金)

子ども会 今、昔

6e0f1 現在午後5時を過ぎたところ。会派の打ち合わせが終わり、今日はこの後、2つほどスケジュールが入っていますが、午前中に行われた成田市子ども会連絡会の総会についてご報告します。

”子ども会”と言えば、私が小学生時代、異学年交流が活発に行われ友達の父母にも行事などを通して大変お世話になった記憶が強くあります。そして誰もが当然に入会していました。決して強制ではないのに。
また、市内の小学校内の各地区単位に子ども会があったように記憶しています。

現在子ども会連絡会に名を連ねている団体数は、59団体。会員数が約2,500人、その内訳として小中学生が1,600人です。
この小中学生だけを見ると、約16%の子ども達が活動に参加していることになります。
ただ、子ども会連絡会に参加しないで同様の活動を行っている団体もありますので、いわゆる子ども会活動に参加している保護者や児童生徒はもっと多いのかもしれません。
しかし、行政としての把握も出来ず、その実態が分からないのが現状です。

最近では、子ども達の活動も選択の幅が広がり、サッカーや野球に代表されるスポーツや、文化的な活動、更には様々なサークル活動と多種多様な環境が整いました。

この点を昔と比べると、子ども達にとってはそれぞれの個性を生かせる場が充実したと言えますが、その反面で地域ぐるみで子どもを育てる活動が減少してしまったように感じます。
事実、私の近所でもかつてより情報交換の場が少なくなってきているようにも感じ、子ども達を中心とした地域での活動が見えなくなっています。

今日の子ども会連絡会の総会では、今後も「地域で子ども達を育てる」実践が、多くの地区で行われるように既存の団体の方々により一層ご尽力いただき、他の地区でも子ども会的な活動が活発に行われるように期待したい旨を述べさせていただきました。
そしてその結果として地域の連帯感が醸成される事を期待したいと考えています。

時代の変遷と共に環境が変わることは当然ですが、子ども達を育てる良好な環境を作る使命を大人が負っていることには変わりないと考えています。

|

« ニュータウンの比較 | トップページ | いつもと違う雰囲気 アイスランド火山噴火の影響か »

コメント

PTAや子ども会の行事を含め、それぞれの地域において結構活発にやられているのではないかと思いますが、その保護者の顔ぶれにあまり変化がないように感じます。要は、関わる人とそうではない人の線引きが鮮明になっているわけです。

しかし、参加しない親がすべて冷淡であると言うわけではなく、その殆どが自分の子供達を大事に考えているようです。愛情の示し方について、直接的な愛情の注ぎ方は手厚いのですが、子供の環境についての配慮には至らない点を感じます。まずは、保護者たちへの子育てについての啓蒙活動を充実させた方がいいのではないか?と考えるところです。大きくはふたつ。ひとつには、広義・狭義の愛情について。もうひとつは、予測困難な未来における柔軟な思考を身に付けさせる教育法のようなものでしょうか。

投稿: terra | 2010年4月18日 (日) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子ども会 今、昔:

« ニュータウンの比較 | トップページ | いつもと違う雰囲気 アイスランド火山噴火の影響か »