« どうなる成田市の自治基本条例 | トップページ | 市内の天然ガス 近いうちに調査したいと思います »

2010年5月 7日 (金)

八ツ場ダムは動きなし

A00b1 今日は午前中に保育園児と共に田植えを行いました。
今年は4月に入っても雪が降るなど記録的な寒さの影響もあって、苗の生育が遅れていたようですが、連休が明けて市内のほとんどの田んぼで田植えが終わったようです。
ちなみに今日植えたのはもち米。今年で4回目の米作りとなりますが、年々こつも覚えてきましたので秋には大きな収穫を期待したいと思います。

午後からは、国際交流協会の理事会に監事として出席し監査報告を行いました。
議会の議長がこの監事職を務めることとなっています。
理事会では、平成21年度の事業報告と決算、成田青年会議所主催の少年の翼事業への助成金についてなどが審議され、その後姉妹都市のアメリカサンブルーノ市への中学生派遣事業の報告、また8月サンブルーノ市で開催される姉妹都市締結20周年式典についてなども話題となったところです。

午後3時半からは、来週開催予定の印旛広域市町村圏事務組合議会の事前打ち合わせを行いました。
この組合議会ですが、主な内容の一つとして八ツ場ダム関連の負担金があります。

八ツ場ダムについては既にご承知のとおり、事業の中止が明言されていますが未だに構成市町村、そしてこの組合では予算措置をしています。

「なぜ既に中止が決まっているのに負担金を出しているのか?」との思いをもたれる方がほとんどだと思いますが、国土交通省や千葉県からは全く情報が出されず、「果たしてどうなるのか?」というのが負担し続けている私達地方の立場です。

政権が交代して様々な内容が動き出しましたが、八ツ場ダムのようにまるでその後の動きが止まっているかのような事業もあるのが事実です。

|

« どうなる成田市の自治基本条例 | トップページ | 市内の天然ガス 近いうちに調査したいと思います »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ツ場ダムは動きなし:

« どうなる成田市の自治基本条例 | トップページ | 市内の天然ガス 近いうちに調査したいと思います »