« 静岡県島田市議会を視察 | トップページ | 明治大学 成田社会人大学開講 »

2010年5月14日 (金)

静岡空港 思ったよりも盛況でした

20100514110332今日は議長会からの帰路の途中、富士山静岡空港に立ち寄りました。
3月に茨城空港を視察しましたが、大手旅行者の後押しで利用が促進されているものの、定期便の就航が少ないことから、成田空港の地元としてそれほど大きなインパクトを感じなかったのが正直なところです。

20100514104525一方、富士山静岡空港ですが、予想に反して利用者が多かったと言う印象です。
定期便は、国内線が札幌、小松、福岡、熊本、鹿児島、沖縄へ、国際線はソウル、上海に就航しており、開港以来既に多くの都市へのチャーター便が設定されました。

私が訪れた午前11時には、既にターミナル前の無料駐車場には多くの車があり、ターミナル内部には見学者と思われる人々と、そして中国語と韓国語が飛び交うチェックインカウンターが混雑し、更に2階の土産物売り場では、韓国へ帰国すると思われる人々がお土産物を買おうとレジ前に行列を作っていました。

20100514104654この空港の特徴としては、地元企業鈴与グループが中心に設立した新しい航空会社、富士ドリームエアラインズの存在を忘れてはなりませんが、拠点を置く航空会社の存在が空港にとって大きいものであるとの印象を強く受けたところです。

今日のニュースで羽田空港の国際線就航の期日が取り上げられ、某テレビ局のニュースでは「羽田空港の国際拠点空港化」の文字が目立っていました。

羽田の国際化については、地元に住む私としてそのニュースを見るたびに危機感を覚えるところです。
成田空港の容量拡大、機能拡充は様々な方面で議論が進みつつありますが、私は、前原大臣の「成田の国際線を羽田に移すわけではない」といった言葉と、現在の進められている羽田の整備方針に齟齬がある様に感じています。
そして、富士山静岡空港のように着実に利用者を取り込む地方空港の存在も注視しなければならない現状だと感じています。

|

« 静岡県島田市議会を視察 | トップページ | 明治大学 成田社会人大学開講 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡空港 思ったよりも盛況でした:

« 静岡県島田市議会を視察 | トップページ | 明治大学 成田社会人大学開講 »