« 県内献血者数が大幅に増えたそうです | トップページ | 成田祇園祭始まる »

2010年7月 8日 (木)

教育は人

5b881 今日は、夕方から教育委員会・校長会・教頭会主催の合同教育懇談会に出席しました。

この会は毎年、人事異動に伴い退職した校長・教頭先生をはじめ、成田市の各学校から転出、新たに転入してこられた校長・教頭先生、そして教育委員会へ配属となった職員などなどを対象に開催されているものです。
昨年6月に私が議長職に就いてからは、初めての開催であったため出席させていただくのは初めてとなりました。

多くの先生方と色々なお話をさせていただき、私の地元小学校での思い出話等も含めて今の成田市の教育現場の一端を教えていただく事となりました。さらに、先生方との交流の中で新たな発見などもあり有意義に過ごさせていただいた懇談会です。

広い成田市において格差が広がってしまった現実に対して、生活環境をすべて統一化することは不可能ですが、子どもたちが受ける教育は平等にしなければならず、規模や施設の新旧などの格差を先生方による教育によって差をなくし、市内の大切な子どもたちを平等の環境にしてもらえるように今後もご尽力いただきたいと願っています。

さて話は変わりますが、成田空港の発着回数30万回を実現するために様々な動きがある事はたびたびお知らせしていますが、成田市長、芝山町長、両議会議長、県議2人の計6人によって空港会社に対して「30万回実現に向けての提案書」を7月13日に提出することが決定しました。
当日は、千葉県知事に面会、その後国土交通省にも事前に説明し午後6時にNAA空港会社の森中社長に提案書を手渡すことになります。

私としては、この提案が将来への大事な1歩となるように期待し、提案者として名を連ねたいと思います。

|

« 県内献血者数が大幅に増えたそうです | トップページ | 成田祇園祭始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育は人:

« 県内献血者数が大幅に増えたそうです | トップページ | 成田祇園祭始まる »