« メディカルツーリズムの可能性 | トップページ | 成田市が”観光まちづくりコンサルティング事業”に選定されました »

2010年7月15日 (木)

成田スカイアクセス竣工式典

今日は午前中に成田市老人クラブ大会が開催され、午後からは成田新高速鉄道の竣工式典と続きました。

老人クラブ大会では、他国に例を見ないほどの超高齢会社会の到来を前に、元気に活力ある生活を送って欲しいという思いから、「年をとったからとか、現役ではないからという思いにならず、これからも国民として市民としての自覚を持って生活していただき、議会に対してもご指導をお願いしたい」とのご挨拶をさせていただきました。
私も40代になって最近思う事は、年を重ねた時に「健康で現役を少しでも長く続けられたら」、そして「常に社会的な責任を負う意識」との思いです。
今日の大会には、様々な方面で現役を貫いている方や地元の活動などに積極的に参加されている方々ばかりでしたので、そのような方々がどんどん増えるように議会としても努力しなければならないと感じました。

74011 老人クラブ大会の会場を後にしてからは、成田空港駅で開催された新高速鉄道の竣工式に出席しました。
出席者は総勢約400人と言ったところかと思いますが、この鉄道の竣工に対して多くの方々が感慨深いものを感じ、喜びも大きかったように思います。

この鉄道の開通で東京都心と成田空港のアクセスは格段に便利になりますが、成田空港の潜在力を更に高める必要に迫られており、今日の竣工式もその通過点として捉えなければならないと感じています。

成田空港利用者の鉄道利用率は約30%です。その視点からは、車やバスなど他の交通機関を利用している残りの多くの方々に対する利便性も忘れてはならないと考えています。

私が今日の竣工式と新型スカイライナーに乗って思った事は、「常に立ち止まることなく更に前へ進んでいく」ということで、成田空港の30万回の実現、成田スカイアクセスの東京駅への直接乗り入れ、北千葉道路の整備などなどやらなければならない事がまだまだ山積しているという思いです。

|

« メディカルツーリズムの可能性 | トップページ | 成田市が”観光まちづくりコンサルティング事業”に選定されました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田スカイアクセス竣工式典:

« メディカルツーリズムの可能性 | トップページ | 成田市が”観光まちづくりコンサルティング事業”に選定されました »