« 四街道市のワンストップサービス | トップページ | JR成田駅再開発の建設業務代行者を募集 »

2010年8月 3日 (火)

議長会役員会、慰霊流灯大法会に出席しました

331b1 今日は午前中に千葉市のホテルで開催された千葉県市議会議長会の役員会に副会長として出席しました。
設定された協議内容については、議論もなく円滑に進みましたが、会議終了後の昼食の場では、各市の議長と様々な意見交換を行いました。その中で、破たん寸前の市議会議員年金共済についての話題が持ち上がりましたが、成田市議会での全議員による議論は稀なようで、他市議会では公の協議を行っていないようです。

この「議員年金共済」ですが、国の法律で都道府県議会、市町村議会の議員は強制加入が義務付けられています。ちなみに国会議員の年金は廃止となり掛け金の80%が支払われました。
全国で市町村合併が進み、多くの町村議会議員であった方々が市議会議員として引退、そして年金を支える現役の数が減少し受給者が大幅に増えました。更に現在でも議員定数削減が進められる中で、成田市議会では「今後の制度存続は不可能」と言う結論を出し、「廃止を前提とする」事を確認しました。

しかし、現在受給されている方々が現に多く存在して生活を営んでいる事、期数を重ねた現役議員が強制的に徴収された金額は1,000万円以上、成田市議会でも2,000万円にもなる議員が存在するなど、全国的にも同様な傾向で大きな問題となっています。
更に、市町村から議員の徴収金額とほぼ同額の負担金が支出されているなど、制度そのものを抜本的に見直す必要があると考えています。

今日の意見交換の場では、幅広い層から議員に立候補出来る環境をつくるためにも、「ある程度の”議員の将来補償”も必要ではないか」との意見も多数を占め、改めて問題の難しさを感じるとともに国の法律によって縛られていながら議論が進まない現状に不満が集中しました。

年金共済では来年度にも積立金が不足する現状を踏まえ、今月末に鎌ヶ谷市議会議長の池ヶ谷会長と私で千葉県出身の衆参両院議員に対して、直接陳情を行う事を各役員市議会議長に了承をいただいたところです。

76f02 夕方からは、「成田市慰霊流灯大法会」(なりたし いれいりゅうとう だいほうえ)が東和田市営駐車場で執り行われました。
この行事は、成田市出身戦没者1,508柱の英霊と新盆精霊の御霊を供養するために毎年成田市仏教会の主催によって行われているものです。

間もなくお盆を迎えます。
それぞれのお宅でも御先祖を迎える準備が進む事と思います。
今日の行事では、改めて戦争のない恒久平和を心から願うとともに、今年新盆を迎えられる御霊のご冥福と残されたご家族のご健勝を心からお祈りさせていただきました。

|

« 四街道市のワンストップサービス | トップページ | JR成田駅再開発の建設業務代行者を募集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議長会役員会、慰霊流灯大法会に出席しました:

« 四街道市のワンストップサービス | トップページ | JR成田駅再開発の建設業務代行者を募集 »