« 法人市民税 単純比較でマイナス30億円 | トップページ | 姉妹都市サンブルーノ市で大規模火災 »

2010年9月11日 (土)

印西市合併記念式典

2ffa1 今日は、今年3月に印旛村・本埜村が合併して誕生した新印西市の合併式典に出席しました。
知事をはじめ周辺の首長、議長、そして合併協議に直接参加した方々など多くの人の参加で会場は埋め尽くされていました。

今日の合併式典で改めて感じたことは、印西市の発展の可能性です。成田空港関連で成田スカイアクセス、北千葉道路が着々と整備され、開発の余地が多く残る千葉ニュータウンを有している印西市の存在感が増しているように感じます。
成田市として印西市とは今後様々な連携をする必要性を感じますが、印西市の強い潜在力を目の当たりにして、成田市としての発展戦略を真剣に検討し実行していかなければ競争に勝てないとの思いを強くしたところです。

ちなみに印西市は、市の花、木、鳥、魚を指定しましたが、それぞれ”コスモス”、”桜”、”メジロ”、”ナマズ”だそうです。成田市では、鳥と魚の指定はありません。

印西市を後にしてからは、母校でもある遠山中学校の運動会。タイミング悪く、午前中の最後の種目の途中に中学校へ着き、すぐにお昼休憩となってしまったため多くの種目を見ることはかないませんでしたが、久しぶりに母校の空気に触れて懐かしさと全校生徒が一生懸命に競技するな姿に清々しさを感じました。

夕方からは大学時代一緒にサークルを立ち上げた友人達と都内で会食し、思い出話や近況の話などに花が咲いたところです。
それぞれ各企業においては重要な立場に就き、また家庭でも大黒柱として頑張っている姿があるなど、学生時代とは全く異なる生活環境に不思議さを感じる場面もありました。仲間たちとサークル活動に明け暮れていた時から既に20年以上、見た目も内面もぞれぞれ大きな変化があったことを実感することになりました。

今日の再会でただ一つ、一時は会員数100名を超えて活発に活動していた私たちのサークル、5年前に20周年パーティーを盛大に開催したところで、本来今年で設立25周年を迎えるはずであったのですが、現役学生の会員が現在ゼロで、活動が全く無くなってしまっている事実を知ったのは、全員が寂しさを感じたところです。

|

« 法人市民税 単純比較でマイナス30億円 | トップページ | 姉妹都市サンブルーノ市で大規模火災 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 印西市合併記念式典:

« 法人市民税 単純比較でマイナス30億円 | トップページ | 姉妹都市サンブルーノ市で大規模火災 »