« 駅伝、選挙、歌舞伎、忘年会 | トップページ | 大栄ふるさとふれあいまつり などなど »

2010年11月22日 (月)

「職場は世界にある」 日本の行く末が心配になりました

今日は今週金曜日から開会する12月定例議会の運営について、議会運営委員会正副委員長と打ち合わせを行いました。
提案が予定されている議案は14件と多くはないのですが、請願や陳情の扱いが焦点となり多くの時間を割き一定の方針を決めました。
明後日の議会運営委員会にて議論をしていただき、最終的な決定となります。

さて、今日は夕方から友人の結婚披露宴に出席しました。
新郎新婦ともによく知る間柄。特に新婦は小学生から知っているだけにとても幸せそうな姿を見て嬉しくなりました。

その結婚披露宴で久しぶりに会った新婦の母。かつて私の誘いで成田青年会議所に入会してくれた友人ですが、何と今はベトナムに居住しているとのことでした。

この友人曰く「ベトナムは活気があって勇気が出る」とのこと。
さらに「日本は元気もないし面白くない」との言葉。
この友人は、ベトナム人と知り合いになり日本での事業をあきらめ「とにかくベトナムに行ってみよう」と考えたそうです。
そして僅かな期間で人材派遣の事業が軌道に乗り、現在は息子、娘夫婦もベトナムで仕事をしているとのことでした。
そして「海外のほうがチャンスがある」との言葉に私も納得するも、海外の国を身近に感じて”仕事”の選択肢が広がって行くことが「日本の将来をどのように変えていくのか」不安の募る会話となったところです。

アジア近隣諸国の経済が成長拡大する中で、今の日本経済に魅力がなく、また日本が国家として将来への不安があることの表れであるのかと感じさせられた今日です。

|

« 駅伝、選挙、歌舞伎、忘年会 | トップページ | 大栄ふるさとふれあいまつり などなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「職場は世界にある」 日本の行く末が心配になりました:

« 駅伝、選挙、歌舞伎、忘年会 | トップページ | 大栄ふるさとふれあいまつり などなど »