« 「未完成」の魅力 | トップページ | 議会が開会しました »

2010年11月25日 (木)

記者の数 成田の力

今日は議会前日でしたが議会に関するもの、その他公務がない1日でしたので溜まっていた内容を処理する時間にあてさせていただきました。

そして夜は日頃より親交のある某新聞社の方と意見交換の機会をいただき、成田空港の事、国政の事、身近に迫った市長選挙の事など幅広いお話を聞く事が出来ました。

その中で、成田市の人口12万7千人に対して、報道各社の記者の数は「特別」とのお話がありました。
この「特別」とは、同規模の自治体であれば常時新聞記者が専属で配置される事はないとのことで、これも日本最大の国際空港の存在によって当然と言えば当然かもしれませんが地元自治体として恵まれている環境と言えると思います。
実際には空港内に新聞社をはじめ各社の支局があり、そこに記者の皆さんが常駐している訳ですが、成田市の動きや議会での出来事もしばしば取り上げられ、他の自治体に比べて大きな発信力があると言えるのだと思います。

会話の中で、関西国際空港や中部国際空港との比較も出ましたが、都心からの距離やこれまでの歴史的経緯、何よりも便数が多いという事でやはり「成田は特別」と言う事のようです。

例えば、毎議会開会前には必ず市長の定例記者会見が開かれます。
この席に出席した事はありませんが、毎回空港の各社支局の記者が集まって市長がその質問に答えますが、同規模の自治体では特別なことがない限りこのような会見の場は存在しないとの事です。

ここからも空港立地の優位性や成田市の存在感を計り知ることができる訳で、日ごろ当たり前と思っているかもしれませんが、恵まれている環境を認識することで今後の市政発展につなげる事もできるのではないかと思った今日の夜です。

|

« 「未完成」の魅力 | トップページ | 議会が開会しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「未完成」の魅力 | トップページ | 議会が開会しました »