« 天皇誕生日に思う三里塚と皇室の関係 | トップページ | 市長選挙の運動を終えて »

2010年12月24日 (金)

騒音対策協議会に出席

今日は夕方から成田空港騒音対策地域連絡協議会(騒対協)の常任理事会が開催されました。
私は1時間遅れで出席する予定でしたが、結局予定をはるかに遅れてしまい、会議としては僅かな時間しか出席することが出来ませんでした。
遅れた理由は終盤となった市長選挙のため。選挙戦も残すところ明日1日ですので、出来る限り時間を有効に使って運動のお手伝いをさせていただいています。

さて、騒対協の会議では、成田空港の年間発着回数30万回の合意の条件として設立される約束であった「騒音地域住民との協議の場」について具体的な協議が行われました。
本来であれば10月中の設立が約束されていましたが、事前に色々な調整があったため時間を要し、具体的には今日の騒対協の会議で大きな前進を見たという感じです。

既に何度かこのブログ上でもお知らせして来ましたが、成田空港の容量拡大は成田市や千葉県、そして日本全体にとっても有意義なことである事は言うまでもありません。
しかし、一方で地域振興も進まずに騒音をはじめとする負の環境下での生活を強いられ、将来設計も出来ない状況にある市民も多く存在するのが実態です。

私は、三里塚に生まれ育ち現在も騒音の影響のある地域に住んでいる立場から、これまでも出来る限り公平な立場で空港のあり方を議論してきたつもりです。
人口としては騒音下住民の比率は少なくなっている現状ですが、今後も「騒音下住民の理解があってはじめて成田空港の発展がある」という認識を持たなければならないと考えています。

その意味でこの騒対協の役員として参加させていただいている事は、今後の成田地域における政治活動においては非常に重要であると考えていますので、騒対協の皆さんの意見を尊重できるように心がけて行きたいと思います。

会議終了後は、国土交通省、千葉県、成田市、そしてNAAの皆さんを交えての懇親会があり、色々と意見交換させていただきました。
その中で、来年4月の統一選挙に向けての話題も持ち上がり、色々とご批判やらご意見を賜ったところです。
今の政治状況を物語っていると感じた懇親会でした。

|

« 天皇誕生日に思う三里塚と皇室の関係 | トップページ | 市長選挙の運動を終えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騒音対策協議会に出席:

« 天皇誕生日に思う三里塚と皇室の関係 | トップページ | 市長選挙の運動を終えて »