« 必ず投票を! | トップページ | 騒音対策協議会に出席 »

2010年12月23日 (木)

天皇誕生日に思う三里塚と皇室の関係

今日は77回目の天皇誕生日。
皇居での一般参賀には多くの人々が参加されたようで、また各地でも祝意を示す行事が行われたようです。

ところが最近では、皇室に対する国民意識の変化も見られ、「伝統」が薄れる危機感を覚えます。

そして、本来皇室ゆかりの地である「三里塚」としても何らかの行事が残っていてもおかしくないのではないかと感じました。
しかし、今では御料牧場の面影を残すのは一部にとどまり、「三里塚」は未だに空港反対闘争のシンボル的な土地としての見方が強いように思います。

市民の方でご存じないと方も多いと思いますが、「三里塚」は、今上天皇が皇太子殿下であった時をはじめ、御幼少期に何度も訪れ過ごした土地です。
しかし、今では行事としては何の伝統も残っていません。

これは私見ではありますが、成田闘争によって皇室との歴史を守る機運が断たれ、行政としても折角の皇室との歴史を重んじる事を怠ってきてしまったためであると考えています。
事実、三里塚周辺でも生まれが成田空港の閣議決定後とその前の世代では、皇室に対する思いにも大きな違いがあるように感じています。

私は、「成田空港を三里塚に建設」という閣議決定と同じ年の生まれであるため、皇室との関係についてそれほど深く認識せずにまさに反対闘争が行われていた中で育ちました。
しかし、生家が御料牧場との関係もあったことから意識の中に「皇室ゆかりの地」としての意識が強く存在しています。

最近になってようやく三里塚記念公園と今上天皇をはじめ皇室の方々がお泊りになった貴賓館、そして防空壕についての整備が少し進んでいるようでありますが、まだまだ成田市としての意識は低いと感じています。

今日の天皇誕生日で全国各地での行事を目にした時、三里塚に住む住民の一人としてとして風化した伝統と歴史を憂う気持ちと共に、今後への行動を考えなければならないと強く感じたところです。

|

« 必ず投票を! | トップページ | 騒音対策協議会に出席 »

コメント

昨日まで、色々とご苦労様でした。
面倒や、いやな思いもさせてしまいました。
文句も言わずに、活動されたことに感謝しています。
 ホームページを久しぶりに、拝見しました。
基本的なスタンスが同じであることを感じて、嬉しく思います。
来年新しい挑戦がはじまりますね。
連絡を取り合うことが多くなると思いますので、Eメール
アドレスを、お知らせしておきます。
kunchan-o0515@ezweb..ne.jp
返信は携帯での入力が遅いので、簡単な返事かTELをします。
では、今晩会いましょう。

12月26日 奥村 國雄

投稿: 奥村 國雄 | 2010年12月26日 (日) 06時56分

選挙では大変お疲れ様でした。
結果は、まさに「圧勝」でした。
これまでの小泉市長の頑張りがこの結果を導いたものと思います。
事務所の全般を取り仕切る立場として大変ご苦労もあったと思いますが、これからもよきアドバイザーとして支えてあげてください。
そして今後は私に対しても宜しくお願いします。

投稿: 小池まさあき | 2010年12月26日 (日) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇誕生日に思う三里塚と皇室の関係:

« 必ず投票を! | トップページ | 騒音対策協議会に出席 »