« 127回目の菊花大会 それから「19.08分」という時間 | トップページ | 新清掃工場 工事は着々と進んでいるとの事でした »

2010年12月 7日 (火)

TPPに関する請願は継続審査

今日は午後から経済環境常任委員会が開催され、2つの請願の審議が行われました。

請願6号「米価暴落に歯止めをかけ、備蓄米40万トンの買い入れなど緊急対策の即時実施について意見書提出を求める請願」は不採択、請願7号の「TPP、FTA、EPAなど、輸入自由化推進路線の見直しについて意見書提出を求める請願」については、継続審査と決定しました。

この「継続審査」という結果ですが、農業が産業の柱となっている成田市としてもTPPへの参加は大きな問題であること、しかし世界的視野に転じて国の貿易や経済を考えた場合には、積極的な姿勢も示さなければならないことなどが意見として出され、今しばらくTPPへの参加と農業政策に関する国の具体的な考え方を見守る必要があるとの判断で出されたものです。

私はあくまでもオブザーバーという立場でしたが、各委員の議論を聞いていて、確かに今の段階で白黒はっきりさせることの難しさが伝わってきました。
このTPPへの参加については、国民レベルで様々な意見が出ていることも承知していますので、継続審査もやむを得なかったと考えています。

請願の審査後は、執行部よりいくつかの報告がありました。
その中で感じたところですが、市の環境部が現在色々と難しい問題を抱えていることです。
議会に対しての情報も十分とは言えない状況に、担当委員会としても”不満”を持っていた感のある今日の委員会ですので、今後緒の議会対応については時機を逸することなく適切な情報の提供を要請しようと考えています。

|

« 127回目の菊花大会 それから「19.08分」という時間 | トップページ | 新清掃工場 工事は着々と進んでいるとの事でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TPPに関する請願は継続審査:

« 127回目の菊花大会 それから「19.08分」という時間 | トップページ | 新清掃工場 工事は着々と進んでいるとの事でした »