« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日)

指導力

サッカーアジアカップは、オーストラリアとの決勝戦を延長戦の末制して、見事に日本が優勝しました。
深夜でしたが私もその時をテレビの前で過ごさせていただきました。
日本代表率いるザッケローニ監督の指導力に評価が高まっています。

一方日本の政治の指導力に対しては、国民の多くに不満の声が聞こえ、将来不安も増幅しているようにひしひしと感じます。
これは、何も今に始まった事ではなく、振り返ってみると既に随分と長い期間言われ続けている事に気が付きます。

今日ある場で主婦の方から、「景気と政治は関係ありますか?」と尋ねられました。
私は、「率直に答えれば”ある”です」と答えました。
しかし、日本の経済が世界経済に大きく影響される現在、色々な要素が絡み合うためその舵取りが難しくなっているのは間違いありません。

先進国を含めて世界の多くの国が厳しい財政問題を抱えている現実があり、各国と協調もしながら自国経済の安定につなげなければなりません。
このような難しい時代だからこそ、政治の場では本来の必要な議論を行い、強いリーダシップが求められているのだと思います。

スポーツの世界と政治は共通する部分もあるのかもしれませんがはっきり言って別世界です。
ただ、サッカー日本代表の活躍がどうしてもこのような話題と結びついてしまう現在なのだと感じた今日の1日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

ホームページのリニューアル

今日は午前中、母校の地元小学校で教育ミニ集会が開催されました。
講師にスクールカウンセラーを招いた講演会で、議員の立場よりむしろ今年4月から長男がこの小学校へ入学するということもあり、一人の父親としてお話に耳を傾けさせていただきました。

社会の変化に伴って子供たちの環境も大きく変化し、学校現場でも様々な対応に追われている最近です。
自分たちが子供のころ経験した通りの内容が通用しない現在ですので、今後も子育てを実践する父親として子供とともに成長できればと考えています。

さて、この約3年、ホームページではなくこのブログを基本に色々な情報を発信させていただいてきました。
しかし最近になって「ホームページを変えたほうがよいのでは?」とのご指摘を多くいただくようになりました。
以前よりも私のホームページをご覧いただく方が増えたのかと感じています。

ところが定期的に見ていただいても何の変化もなく、貼り付けたこのブログのみが更新されている状況です。
選挙の関係で色々な事に取り掛からなければなりませんが、ホームページのリニューアルは、優先順位を上げなければならないと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

八千代市議会がスポーツセンターを視察

8cd81 今日は八千代市議会の会派「みんなの広場」がサウンドハウス・スポーツセンターの施設を視察に訪れてくれました。
八千代市議会は昨年12月に改選されたばかりで、若手市議会議員の会で長年交流のある秋葉就一議員が代表となって会派を構成されたようです。

メンバーは、みんなの党公認の新人を含めて4人。
選挙直後ではありますが、平成20年度より使用ができなくなっている八千代総合運動公園のプールの問題解決のため積極的な活動をしているようで、あわせて陸上競技場を含めた施設の視察に成田市を訪れてくれました。

F7361サウンドハウススポーツセンターの各施設は、既に建設から年数を経過しているため、最新の施設と比べると見劣りする部分もありますが、八千代市での課題解決に少しでもお役にたてれば幸いで、視察に訪れてくれたことに心から感謝を申し上げたところです。

夜には成田JC OB会の定時総会と新年会に出席。
多くの先輩、後輩の皆さんとお話をする機会に恵まれ、様々なご意見をいただいたところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

議長職と選挙準備

最近は公務を離れ、次期選挙への活動に時間をいただくことも徐々にではありますが増えてきています。
とは言っても、準備不足が指摘されているようになかなか前に進んでいるという実感も持つまでには至っていません。

色々な内容を書き込みたいところですが、市政に関する内容とは距離がありますので議長職にある間は差し控えておきたいと思います。

さて、現在新しい清掃工場の建設が急ピッチで進められていることはご存知の方が多いと思います。
しかし、ここにきて少し問題があるようで、2月10日から始まる議会で正式に説明されて議論することとなると思います。
私からは、成田・富里両市の市民生活に影響がないように対処を要請したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

小布施のまちおこし

今日は千葉市内のホテルで千葉県市議会議長会の研修会が開催されました。
この議長会の会長は池ヶ谷鎌ヶ谷市議会議長、そして私が副会長を務めさせていただいていますが、この4月からは成田市議会議長が会長を務めることになっています。

さて、今日の研修会の講師は、小布施堂と枡一市村酒造場の取締役をつとめる「セーラ・マリ・カミングス氏」

日本語は堪能で、約1時間半のご講演は小布施町を舞台にこれまで取り組んできたまちおこしについて自身の経験と考え方を交えてお話を聞くことができました。

講演終了後の意見交換会では、ほとんど自身の席にとどまることなく、常に自らが各テーブルをまわり、積極的に意見交換をされていたことが印象的です。
日本人にはない気質が小布施の町に新しい考え方を吹き込んだのかと思います。
まさに町おこしで必要な「よそもの」の典型かもしれません。

意見交換会の後半、セーラさんから「成田はもっと頑張ってほしいですね」と言われました。
「あんなに多くの人が来るのだから色々な事ができるはず」との言葉。
これは私たちも過去から現在まで常に感じてきた事ですが、色々なまちおこしを実践してきた「よそもの」のセーラさんから見ると多くの可能性を感じているようです。
外国人が多く訪れる成田としては、「よそもの」も海外にまで目を向ける必要があるのかと思いました。

私たちができる事、そしてすべき事も多くありますが、「よそのも、わかもの、ばかもの」にも協力を得て成田の発展を目指さなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

市場の関係者と意見交換

今日は日中、所属会派の役員の方々にお時間をいただき、4月の県議選に向けた障壁についてご相談させていただきました。
議会を代表する議長という職にありながら、既に他の選挙への立候補を決意しそれを表明しているということで大変ご迷惑をおかけしています。
詳しくはお知らせできませんが、先輩、同僚議員の方々には心から感謝しています。

さて、夕方からは成田市場振興協議会の新年会に議長として参加しました。

成田の市場の正式名称は、「成田市公設地方卸売市場」で、字の如く「公設」です。
この卸売市場は、成田空港の開港に伴う人口増や都市の発展に対応するために、昭和49年に開設され、順調に取扱量・金額ともに伸びてきましたが、流通の変化によって平成に入りそれぞれの数字も下降を続けて来ています。

最近では、一般消費者に市場を身近に感じてもらえるように、毎月第2土曜日と第4土曜日をイベントデーとして、また特に第4土曜日は「わくわく感謝デー」が開催され、テレビでも何度かその取り組みが報道されています。

かつて私も議会の本会議で市場の窮状について質問をしたことがありますが、赤字経営が続く現状を何とか打破して、食と農業が見直され始めている現在、新たな戦略的取り組みが必要であると感じています。
今日の新年会では、それぞれ色々なご意見がありましたが、様々な取り組みによって今後もこの市場が発展できると信じる方々が多くいることを力強く感じたところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

JR成田駅東口再開発事業の提案内容が公表されました

12先週末開催された全員協議会でJR成田駅東口再開発事業の建設業務代行者に選定された企業グループの提案内容の一部を画像でお知らせします。
尚、今後実施設計を行う過程で変更が生じ、公共施設の面積の取り方によっては建物高さについて提案された内容より下がる可能性もあります。
今後議会としても様々な議論に参加することになる事と思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

スケジュール管理ミス

今日は地元で幾つかの行事がありました。
数か所が同時刻と言う事でその調整に重点を置いていたところ、元々あった二つの行事に参加できませんでした。
気が付いた時には既に終了時刻をとっくに超えてました。

時間を有効に使えば全く問題はなかったはずなのに、日ごろから自分の記憶に頼っている単に私のミスです。
と言うのは、議長としての公務は議会事務局が作成したスケジュールで、個人のスケジュールはパソコンと手帳を併用しているため、全てが連動してません。
これが今日の全ての原因です。

では、このミスを繰り返さないためにはどうすればよいのかと言う事ですが、早急に対策を検討します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

池坊初生け式

A9841 今日は毎年恒例の華道家元池坊 成田市支部の初生け式がありました。
1月も後半に入りそろそろお正月気分も薄らいできている頃ですが、厳かな初生け式に参加して改めて新年を迎えた慶びを感じました。

初生け式の後はこちらも恒例の新年会。
市長や同僚議員もカラオケの依頼に快く応じていたため、私も1曲歌わせていただきました。

議員に初当選以来、16回目の出席をさせていただいたわけですが、現職でなければ出席できないという現実があります。
来年以降も参加できるように4月の決戦で勝利するように努力していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

小泉市長 今日から2期目

43411 今日から小泉市長の新たな任期が始まり、午前9時から市役所で就任式が行われました。
そして議長として議会を代表してご挨拶させていただきました。

昨年末に行われた市長選挙では、投票率大幅な低下があったものの、有権者31,630人の明確な支持を受けました。
市長ご本人としても過去4年間の市政運営を信任してもらって、さらに今後の市政運営を付託されたという事実のもとで、今後への抱負を力強く述べていたことが印象的です。
成田市の更なる発展と市民の幸せのために頑張って欲しいと心から願っています。

就任式の後は、NAA職員と空港関連の打ち合わせ、全員協議会と続きました。

全員協議会は、既にこのブログ上でお知らせしましたが、JR成田駅東口再開発事業の建設代行者の決定に関する説明のため開催したものです。
当初から企業側から提案された内容について、実施設計を行う前であるため計画の独り歩きや混乱を避ける必要があるとして、どの程度の情報提供を行うのか紆余曲折ありましたが、建設業務代行者として決まった企業グループの提案については、資料として配布されました。
近いうちに主なものを掲載させていただきます。

午後からは、恒例の議員団初詣と新年会が開催され、年が明けて初めて各議員との様々な意見交換を行わせていただいたところです。
多くの話題はやはり選挙。
既に皆の気持ちは4月の選挙に向けられていますが、当然に予算審査がある重要な3月議会についても任期中最後の議会として議論が重ねられることと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

議長会役員会と商工会議所賀詞交歓会

今日は日中に千葉県市議会議長会の役員会が千葉市内で開催され、定期総会に提案する内容の事前協議と来週開催される研修会に関するものなどを主に決定しました。

久しぶりに役員を務める各市の議長とお会いし、会議の後昼食を取りながら様々な意見交換をさせていただきましたが、主な話題は統一選挙でした。
そして、幾つかの市において議員定数の削減が既に決定し、議会改革と行財政改革の議論と合わせて議会自ら身を切る決断をしたとのことです。

この議員定数削減について全国の自治体で進みつつありますが、成田市議会では現状の定数30人で4月の選挙が実施されます。
平成18年に下総町と大栄町と合併し、市域が大きく広がったこともあって、成田市議会における議員定数の削減議論は、議会改革としてのテーマに挙げませんでした。
県内、あるいは全国の自治体で定数削減が現実に進むことで、成田市議会にも今後少なからず議論が必要となるかもしれません。

Eea72夕方からは、商工会議所の賀詞交歓会に出席しました。
まさに成田の経済を支える方々が顔を揃えた会であったと思います。
ある方から、「今日の挨拶は簡単で短かったね」と言われました。

今日の乾杯までの挨拶の人数は主催者を含めて10人。そして私は8人目。
先日、「私の挨拶が長く、場を理解していない事がある」とのご意見をいただきましたので、気をつけてみました。
そしてその反応が、「いつもより短い」と言うものです。

色々なご意見があると感じましたが、私の発する挨拶の内容・言葉に対してご意見をいただけるというのはいずれにしてもありがたい事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

沖縄国際映画祭出品映画の舞台は「三里塚」

今年で第3回目を迎える沖縄国際映画祭の地域発信型映画に、成田市が作品制作エリアに選ばれたことはお知らせしました。
そしていよいよその具体的な動きが出てきて、ロケの準備が進みつつあります。

作品エリアとして成田市が選定された背景には、「成田空港成長戦略会議」をはじめとするここ最近の成田の発信力が大きくなったことがあります。
副市長を先頭にして、ご当地グルメやロケ地誘致の活動が具体化してきて、今回の映画作りが実現することとなりました。
舞台は成田市の中でも私の地元「三里塚」です。

尚、この映画に出演するボランティアエキストラの募集が行われ、明日、成田市役所でオーディションが行われるとのことです。

色々な形で成田がPRできる背景には、成田の持つ潜在的なポテンシャルがあると感じる昨今です。
しかし、それを認識して具体的な形にできるかは、やはり「人」の力であるということを強く感じています。

どちらかというと、力はありながらこれまで不得手であった成田の魅力発信がここ最近になって発揮されていますが、まだまだ身近に私たちの気が付かない「成田の魅力」が存在するのだと思います。

よく言う「よそもの、わかもの、ばかもの」が変革の原動力となると言われますが、私は「よそもの」にはなれませんし、「わかもの」にも微妙な年齢となってきました。
残るは、「ばかもの」として成田の発展に寄与する事が必要なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

議会中継について視察を受けました

今日は木更津市議会の広報委員会が成田市議会の議会中継について視察に訪れ、議会を代表して対応させていただきました。

成田市議会では、本会議を中継(インターネットとケーブルテレビ)、録画放映(インターネット)していますが、各委員会全てについても中継しています。
この各委員会での議論をすべて中継しているのは、千葉県内で唯一、また全国的にも少ない取り組みです。
更に、この中継に係る予算が安価である事が注目されているようです。

実際の議会中継の予算は、成田市議会の場合、執行部側とシステムを共用している事で安価に抑えられているという事実があり、単独で中継を行おうとすれば当然に現在の費用では賄えません。
それでも全国の例と比べても成田市議会のシステムは"安価”であるとの認識が強いようです。

今日の視察に際しては、議長としてこれまで取り組んできた議会改革の視点も踏まえて様々な質問に対してお答えさせていただきました。
議会中継はあくまでも議会改革全体の中の一つであって、議会のあり方や議論の方法など、議会そのもののあり方を変えなければ本来の効果は得られないと考えています。
全国の地方議会が大きな波の中で揺れ動いている現在、成田市議会としても継続した議論と取り組みが必要であると考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

「はなのき台」完成祝賀会と「おびしゃ」

今日は公津西区画整理事業の完成記念祝賀会が市内のホテルで開催されました。
この事業を聞いてもピンとこないかもしれませんが、「はなのき台」です。

平成13年から本格的に事業が始まり、10年と言う歳月で事業が完成に至った訳ですので、他の区画整理事業と比べても順調であったと思われます。
しかし、組合設立までの経過をたどると、大きな反対運動もあり組合設立までは思うように進捗しなかった事を記憶しています。

今日の完成式典には、多くの関係者が出席されていました。
その顔触れは、谷理事長をはじめとする組合役員、地権者、まちづくりに携わった企業、千葉県・成田市などの関係者、そしてこの新しいまちを居住地として選んでいただいた塚越会長をはじめとする自治会の方々です。

公津という地区は、成田の中でも大きく変貌してきた地域です。
現在の成田ニュータウンの西側部分、そして公津の杜がこれまで代表例に挙げられましたが、最近の出来事で言えばこの「はなのき台」、成田スカイアクセスの開業、北千葉道路の整備も加わり、成田市発展の象徴ともいえる地域となりました。

これから成田市が発展を遂げる上でも「はなのき台」が市内外、あるいは県外の方からも魅力ある地区として選択される必要があります。
組合でご尽力いただいた方々と、新たに自治会を構成された方々とが今後も協力して素晴らしいまちを創っていただきたいと願うばかりです。

祝賀会の場を後にしてからは、市内で行われた新年会や「おびしゃ」に参加させていただきました。
その中で、東金山区では伝統の「茶飯」をいただき、小泉区では大きな杯でお酒をいただきました。
それぞれの伝統行事が今も各地区で受け継がれていますが、これからも各地区でその伝統が続くように政治的な視点においても努力しなければならないと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

知名度

今日は市内のホテルで政治的な行事がありました。
公選法の関係で具体的内容を公表できませんが、私にとっては今後の選挙を見据えて重要なものであったことは間違いありません。

しかし、一つ気になるのが自分自身の知名度です。

これまで4回の選挙を経験し、一昨年からは議長職を務めさせていただいていますが、地元地域を除いては思いのほか自分が議員あるいは議長として認められていない事を思い知らされました。
つまり、自分自身の活動が12万7千人の広い成田市全体を見た場合、限られたものであったということだと思います。

選挙ではまず、候補者の政策や人柄の前に、その候補者の名前あるいは顔が想像できるかどうかという点、知名度が大きなポイントとなります。
ましてや地域を絞った選挙戦ではなく、市域全体を網羅する選挙となった場合、この知名度によって投票行動が左右される事になります。

その知名度がほとんどない私にとっては、厳しい現状がある事を思い知ることとなった今日ですが、今更後ろを振り返る余裕などなく、ただ前を見て進んでいくしかありません。
生まれ育った成田と市民生活の幸せを願い活動を続けてまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

焦りを感じる最近です

今日は久しぶりに若手市議会議員の会千葉ブロックに属する同志と意見交換する場に恵まれました。
現在千葉ブロックの会長を務める伊藤友則香取市議の4選を祝う目的と新年会を兼ねたもので、終始和やかであったと思います。

他市の議員、特に若い世代の方々とのお話は話題が豊富で刺激を受けます。
何気なく出る政策的な考え方などは常に参考となり、また他の自治体での課題やその取り組み、そして何よりそれぞれ個性のある選挙戦略についても興味深いものが多くあります。

今後も同志としてお付き合いしていきたい仲間であると感じたところです。

さて、菅内閣の顔触れが変わりました。
大きな変化こそないものの、たちあがれ日本を離党した与謝野 馨氏が入閣した事は、注目すべきで、また、官房長官に枝野氏が起用された事は、国民の政権に対するイメージの変化があるのではないかと予想しています。

話を選挙に移します。
ここのところ4月の決戦に向けた動きが活発化し、私に対しても「出遅れ」の指摘が多く寄せられています。
県議会選挙については市議選の運動とも重なるため、知名度を上げるべく具体的な活動が必要となってきていると感じています。

議長職にはあるものの、公務の他の時間についてはそろそろ選挙モードに突入させなければなりません。
しかし、本格的な活動に入るにもまだまだやらなければならない事があり、焦りを感じつつある最近です。

これまでの選挙とは違い、まさに未知の領域に足を踏み入れつつありますが、少しでも焦りを解消できるように全力で活動できる体制づくりを急ぎたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

待機児童 「預かりたくても預かれない」現実

今日は主だった公務はありませんでしたが、所用で市役所にいる時間が多くありました。
その所用とは保育園に関するもので、保育課担当職員との会話の中で、今後の成田市の幼稚園と保育園のありかたについて施設整備も含めた方向性について意見交換させていただいたところです。

国においては長年にわたり幼稚園と保育園のあり方を模索し、最近の「認定子ども園」も含めて様々な議論の結果取り組みが実践されてきたところですが、未だに抜本的な課題解決には至っていません。
現政権においても幼稚園と保育園のあり方が議論されているようですが、課題は広くまた深いように思います。

さて、職員との会話の中で今後の成田市の保育の考え方についてお話しさせていただきましたが、直面している課題として保育士不足がある事が共通の認識でした。
実は待機児童の原因の一つにこの保育士不足があります。

「預けたくても預かってもらえない」その原因に「預かりたくても預かれない」という保育園側の事情があります。
これは、認可保育園の場合、国の基準で定められた保育士の配置が定められているためで、急な保育需要に保育士を柔軟に確保できないという現状があるためです。
年間通して入所希望がある保育園の場合は、4月の年度当初から余裕を持って保育士を確保しますが、当然に過剰に採用・配置する事は無理があります。

全国的に保育士不足が指摘されている昨今で、保育ニーズにどのように応えて行くのか、設置基準のあり方や仕事に就いてない資格者の活用など、幅広い議論と対策が必要であると感じたところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

駅前再開発事業について全員協議会を開催します

今日は小泉市長と昼食を交えての意見交換を行いました。
年末年始を挟み、公務で忙しい市長の日程を割いていただき、昨年の市長選挙が終わってから初めて今日の意見交換が実現したものです。
約1時間の時間の中で様々な内容についてお話しさせていただきましたが、今後の市政の舵取りに対する意欲が現れていたように思います。

さて、駅前再開発事業に関する説明を執行部より行いたい旨の申し入れがありましたので、日程を調整した結果、来週予定されている議員団の行事に絡めて全員協議会を開催したいと考えています。

議会閉会中の全議員を対象とした全員協議会の開催に当たっては、議員の日程調整と市長をはじめとする執行部の日程も考慮しなければなりません。
「議会公務優先」とは言え、それぞれに公務に準ずるような活動もあるため、日程の調整には配慮をしています。
幸い議員団の行事が来週に予定されていたため、議員側の都合は比較的付けやすかったのですが、市長のスケジュールに再調整の必要が生じてしまいました。
調整の結果、市長側で「議会優先」として来週21日午前11時より全員協議会を開催し、駅前再開発事業の建設業務代行者内定までの経緯について説明を受ける予定です。

さて、全く話は変わりますが、色々な場面での私の話が「長い」とのご指摘をいただきました。
「要約して解り易く、かつインパクトを与えて欲しい」とのご要望も頂いたところです。
心がけたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

建設業務代行者が公表されました

先日、JR成田駅東口再開発事業の建設業務代行者が、選定委員会によって昨年末に選定されたというご報告しましたが、今日正式に各議員に具体的な企業名を含めてその通知がなされました。

文書によると、建設業務代行者の予定者として、「スターツ・五洋建設業務代行共同体」、代表構成員としてスターツデベロップメント株式会社を市として選定したという事です。

選定作業の公正を期すためとして、これまで応募している企業の固有名詞や提案の内容などほとんど全てについて議会に対しても情報が遮断されていました。
そしてようやく選定委員会での最終選定が行われ、市としても正式にその報告を受けたということで、議会に対しても現段階での情報提供があったものです。

これによって予定通り2月10日開会予定の3月議会で関連条例の改正議案が上程されることになりますが、議会開会までに約1ヶ月の時間があることから、議会としてこれまでの選定委員会での議論や選定経緯、企業によって提案された内容などについて報告を受ける必要があると考えています。

具体的には、閉会中ではありますが全員協議会の開催までも視野に入れ、明日中に執行部との協議を行って決断をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

成田市成人式

F4a61 今日は全国で約124万人が成人の日を迎えました。
そして成田市でも文化会館の大ホールで成人式が開催され、各地区から多くの新成人が参加いただき、会場は華やかで賑わいのある雰囲気でした。

来賓としての挨拶は昨年に続いて2回目になりますが、市長も観光キャラクター「うなりくん」の話題を中心にするなど工夫されていたため、私も用意した祝辞を読まずにその場の雰囲気でお祝いを申し上げたところです。

成人式というと全国で荒れた式典の様子などが紹介されるますが、成田市では全くそのようなことはなく、例年通りの成人式であったと思います。
アトラクションの後、式典も30分と短く設定されてどちらかと言うと「簡素化」とも言える今年の成人式でした。

今日成人の日を迎えた新成人が生まれてからのこの20年間を振り返ると、日本はバブル経済が終焉し、非常に厳しい時代となりました。
未だにその影響を引きずり、経済も政治も混迷していると言えます。

また、就職も厳しい時代が続いていて社会全体に閉そく感が漂っているためか、「諸外国と比べると内向きの若者が増えいている」とも批評される昨今です。
ただ、これからの時代を担ってもらうべき世代の方々には、世界的な見地から日本を見ていただく必要もあり、そのためには積極的に海外に出る事にも挑戦して欲しいと考えています。

これまで多くの人の努力によって歩んできた成田市の発展ですが、新成人にも今後は自覚を持って更なる発展への原動力として参加してくれる事を望んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

新人市議候補と遭遇

今日は地元の各区、町内会の新年会があり、市政報告を兼ねて参加させていただきました。

主には市政に関する報告を行わせていただきましたが、4月の選挙に向けた自分自身の決断についても触れさせていただきました。

参加した新年会のうち、いくつかの場には4月の市議選に立候補を予定しているという複数の新人候補にも遭遇し、今年が選挙の年であってまたその決戦の時が近づきつつあるという実感を新たにしたところです。

私は既にお知らせしてある通り、県議会での議席を目指してまいりますが、市議選の動向も当然に気になるところです。
特に今年に入って新たに複数の具体的な名前が上がってきています。

新年会の会場では、私から低調であった市長選挙の投票率について触れさせていただきました。
ここの所各選挙の投票率は低下傾向にあります。
これまでは、市長選挙と市議会議員選挙がダブルで実施され、その2週間前が県議会議員選挙の投票日でした。
つまり身近な選挙が集中して行われていたわけですが、現在では市長選挙が別日程となり、選挙が分散しています。

私は、この選挙の分散が市長選挙での低調な投票率に影響を与えたのではないかとも考えていますが、市政、県政への関心を高めてもらうような私たち自身の努力も当然に必要であると考えています。

出来る限り今後の活動において政治への関心を持っていただけるように努力してまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

AKB48 豊住中学校で撮影

26a21 今日は午前中に豊住地区体育協会主催の「とよすみ新春レク大会」に参加させていただきました。ちなみに豊住地区体育協会の会長は、同志の佐久間一彦市議で、私よりも二つ下の年齢ながら既に地元を引っ張る立場を務めており、私としても参考にさせていただくことが多くあります。

今日が3連休の初日ということもあって、対象の児童の参加は「少な目」とのことでしたが、地区が一丸となった豊住地区の良さがあったように思います。
特に一昨年3月に、地区の将来への大きな不安を抱えながらも”子供たちの教育のため”という総意をまとめて、地元の歴史と伝統の象徴であった豊住中学校が成田中学校へ統合されました。
過去に統合問題に翻弄されながら、市の方針に沿って地元が理解を示してくれたものです。
その後、何度となく公務でこの地区の行事に参加させていただいてきましたが、子供からお年寄りまでまさに”地区一丸”となった地区運営は、他の模範ともいえるように思います。

912d1この3月で中学校の統合から丸2年。
今年はいよいよ今日の会場となった中学校跡地利用について、本格的な議論を始める必要があると考えています。
成田市内で統廃合が進むこれからを見据えても、先駆的に議論を進めなければならないと考えています。
私からは、「今から57年前、豊住は一つの村でした」と述べさせていただき、これからも地区としての連帯感と郷土愛、そして誇りを持って欲しい旨を述べさせていただきました。

さて、市長のご挨拶の中で、最近人気のAKB48が昨日この豊住中学校跡地を撮影のために訪れたという事実が報告されました。
行事に参加していた児童の数人は、実際にその現場を見たそうですが、混乱を避けるためにも情報は隠さなければならなかったようです。
どのような映像が撮られたのか、また豊住中の映像がどの位使われるのかわかりませんが、いずれにしても地区としても成田市としても嬉しい出来事であったと思います。

夕方からは新年会をはしご。
久しぶりにお会いする方や初めての方もいらっしゃいましたが、これからの私の考え方を述べさせていただきました。
あくまでも「地元成田のため」を基本に行動することに変わりはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

西中学校 女子駅伝チーム入賞報告

Ec671 今日は午後から西中学校陸上競技部女子の全国大会入賞報告がありました。

男女揃って関東大会への出場、そして女子は全国大会への切符を手にして、昨年出場報告を受けたところでしたが、12月5日に埼玉県熊谷市で開催された関東大会で初出場の男子は11位、女子は4位入賞。
12月19日には、山口県山口市での全国大会に女子チームが出場し、見事4位入賞を果たしました。

D7ea1 女子チームは、関東大会での3連覇と全国大会での3位入賞を目標にしていましたので、選手たちは悔しい涙を流したとの事です。
しかし、当日のレース運びを顧問の濱谷先生から説明を受けると、語りつくせない多くのドラマがあり、控えの選手を含めてチーム一丸となった戦いが展開されたようで、単純に結果だけを賛美することはできないと感じました。
これまで長い間続けてきた厳しい練習や食事など生活の細かいところまでの配慮、その他にも関係者を含めた多くので努力があったようで、お話を聞いていて素直に感動させていただきました。

選手5人のうち3人が3年生で、高校でも陸上を続けるとの事です。
これを聞いて市長からは「是非地元の高校へ」との希望が寄せられました。
また、控えの選手を含めた5人は、伝統と先輩たちの思いを引き継いで目標に向けた練習と戦いが始まるようです。

大きな舞台で貴重な体験をした選手の皆さんの今後の活躍に大きな期待をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

食育についてパブリックコメント 再開発事業は前進

今日はいくつかの打ち合わせがありましたので、お知らせすべき内容でかつ現段階で公表できるものを報告したいと思います。

1点目は成田市食育推進計画で、平成17年に施行された国の食育基本法及び平成18年に策定された食育推進基本計画を受けて、各地方自治体が策定を進めているものです。
既に県内でも平成19年の我孫子市を先頭に計画を策定した自治体も多くありますが、成田市においても策定の準備が進められていました。

当初は、昨年(平成22年)9月ごろの策定を目途としていたようですが、計画の策定に当たっては関係する部署が多くにわたることもあり、調整に時間を要したようです。

成田市議会では、議会改革の中で今年度から各行政分野における計画の策定に当たっては、事前に議会への報告を行うように取り決めました。
これは、議会権限の強化と、より一層議会と執行部が問題意識を共有して議論を深めることを主に目指したものです。

そして、この食育推進計画も9月議会所管委員会の報告の中で、市民からの意見を募集するパブリックコメントを実施したい旨の報告を受けていました。
しかし、市民に示す素案の策定作業が遅れ、結果として越年し今月15日から意見の募集を行うこととなったとの事です。
是非多くの方からご意見を頂戴したいと思います。

実は昨年10月に行われた、「ごみ分別区分の見直しについてのパブリックコメント」では、なんと市民から提出された意見はゼロ
「ごみの分別区分の見直し」という市民生活に直結して事項で、多くのご意見が寄せられるものと想像していたにもかかわらず、全くご意見がなかったというのは驚きでした。
この原因として、事前広報は適切であったのか、あるいは素案に文句のつけようがなかったのか今となっては分かりませんが、今後も様々な計画の策定に当たっては市民意見の募集が行われますので、よりよい計画策定を行うために募集する側の工夫も必要であり、かつ市民の皆様のご協力を頂かなければならないと思います。

あと1点、JR成田駅東口再開発事業の特定建設代行者の選定作業が終了したとの報告がありました。
実際には来週に公表されることになりますので、今日の時点では固有名詞は避けておきます。

この再開発事業ですが、何度かお知らせしてきました。
特に先の12月議会では、「計画を大きく見直すべき」との請願も市内外から7,000名を超える署名を添えて提出されましたが、議会の判断は”不採択”と決して、現行の計画にGOサインが出されたところです。
そして先月28日、選定委員会が開催されたとの事で、その場で特定建設業務代行者が選定されたとの事です。

今後は、2月10日開会予定の3月議会に関係する条例の改正案が上程される予定で、いよいよ具体的な設計作業に入る準備となる見込みです。

以上、今日はご報告です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

焦りと不安 自ら克服するしかありません

今日から仕事始めという方も多かったのではないでしょうか。
私にとっても実質的な動きのあった1日となりました。
また、徐々に通常の活動に戻りつつあり、1月中を見通しても予定が多く入ってきているため、4月の選挙に向けた準備を思うと若干の焦りも感じているところです。

さて、色々な方とお話をする機会をいただきましたが、その中で私が気になったのが複数の方から浴びせられた「なぜ?」という問いかけ。
これは、昨秋からの次期選挙へ向けての私の行動が多くの方から”疑問”として受け止められているようで、見方を変えると”批判”とも取れるものです。

「なぜ?」の問いかけに、現段階でお話できる内容を直接お答えしたつもりですが、若干奥歯に物が挟まったようなところもあり、十分な説明とはいえなかったかもしれません。
ただ、直接お話しできる方は実際にはほんの一握りで、もし同じような疑問を多くの市民の方々が抱いていると考えると、選挙への影響は計り知れないと感じました。

新年早々、焦りと不安を感じた1日を過ごすことになりましたが、自らの判断と行動で徐々にこの焦りと不安を解消しなければと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

仕事始め

今日から本格的に仕事が始まった方も多いことと思います。
大晦日から昨日にかけては全く携帯電話も鳴りませんでしたが、今日はいつものようにメールや電話が入り、世の中が日常に戻りつつあることを実感したところです。

さて、今年はどのような1年となるのでしょうか。
全く想像もつきませんが、4月の選挙を控えてこれまでとは全く違う月日を新年早々より過ごすこととなりそうです。

これまで15年8ヶ月市議会議員としての時間を過ごさせていただきましたが、これから約3か月間は市政に対する思いを継続しながらも、新たな活動の場に到達できるように邁進する必要があります。
その道は私にとって全く未知のものであるため、不安を感じることもありますが自ら決断したものですので、後ろを振り返らずにただ前を向いて歩みを進めてまいりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
平成23年という新しい年が始まりました。

625d1今年も恒例の成田空港での新春航空安全祈願祭に出席し、1年間の成田空港の安全を関係の方々と共に祈念させていただきました。
祈願祭の式典ですが、「例年と違う」と感じたことがあります。

それは、懸案であった課題が昨年中に大きく前進したことであるようで、3月の発着回数2万回拡大、7月の成田スカイアクセス開業、そして10月の30万回の合意がなされたということで、代表して挨拶された方々の言葉には、いつもの「課題を抱えている成田空港」という雰囲気より「将来への確実な期待」が強かったように感じました。
この達成された3つの内容は、単独でも大きな意味を持つものですが、全てが1年の間に解決されたということで、確かに成田空港の歴史としても大きな動きのあった1年であったと思います。

Bd511 式典後は、こちらも恒例となったお屠蘇を振る舞い、お正月の雰囲気を盛り上げたところです。

さて、今年は何かと忙しくなる1年であると自覚しています。
私としては、「新たな挑戦」という意識を持って臨みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »