« 待機児童 「預かりたくても預かれない」現実 | トップページ | 知名度 »

2011年1月14日 (金)

焦りを感じる最近です

今日は久しぶりに若手市議会議員の会千葉ブロックに属する同志と意見交換する場に恵まれました。
現在千葉ブロックの会長を務める伊藤友則香取市議の4選を祝う目的と新年会を兼ねたもので、終始和やかであったと思います。

他市の議員、特に若い世代の方々とのお話は話題が豊富で刺激を受けます。
何気なく出る政策的な考え方などは常に参考となり、また他の自治体での課題やその取り組み、そして何よりそれぞれ個性のある選挙戦略についても興味深いものが多くあります。

今後も同志としてお付き合いしていきたい仲間であると感じたところです。

さて、菅内閣の顔触れが変わりました。
大きな変化こそないものの、たちあがれ日本を離党した与謝野 馨氏が入閣した事は、注目すべきで、また、官房長官に枝野氏が起用された事は、国民の政権に対するイメージの変化があるのではないかと予想しています。

話を選挙に移します。
ここのところ4月の決戦に向けた動きが活発化し、私に対しても「出遅れ」の指摘が多く寄せられています。
県議会選挙については市議選の運動とも重なるため、知名度を上げるべく具体的な活動が必要となってきていると感じています。

議長職にはあるものの、公務の他の時間についてはそろそろ選挙モードに突入させなければなりません。
しかし、本格的な活動に入るにもまだまだやらなければならない事があり、焦りを感じつつある最近です。

これまでの選挙とは違い、まさに未知の領域に足を踏み入れつつありますが、少しでも焦りを解消できるように全力で活動できる体制づくりを急ぎたいと思います。

|

« 待機児童 「預かりたくても預かれない」現実 | トップページ | 知名度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焦りを感じる最近です:

« 待機児童 「預かりたくても預かれない」現実 | トップページ | 知名度 »