« 知名度 | トップページ | 議会中継について視察を受けました »

2011年1月16日 (日)

「はなのき台」完成祝賀会と「おびしゃ」

今日は公津西区画整理事業の完成記念祝賀会が市内のホテルで開催されました。
この事業を聞いてもピンとこないかもしれませんが、「はなのき台」です。

平成13年から本格的に事業が始まり、10年と言う歳月で事業が完成に至った訳ですので、他の区画整理事業と比べても順調であったと思われます。
しかし、組合設立までの経過をたどると、大きな反対運動もあり組合設立までは思うように進捗しなかった事を記憶しています。

今日の完成式典には、多くの関係者が出席されていました。
その顔触れは、谷理事長をはじめとする組合役員、地権者、まちづくりに携わった企業、千葉県・成田市などの関係者、そしてこの新しいまちを居住地として選んでいただいた塚越会長をはじめとする自治会の方々です。

公津という地区は、成田の中でも大きく変貌してきた地域です。
現在の成田ニュータウンの西側部分、そして公津の杜がこれまで代表例に挙げられましたが、最近の出来事で言えばこの「はなのき台」、成田スカイアクセスの開業、北千葉道路の整備も加わり、成田市発展の象徴ともいえる地域となりました。

これから成田市が発展を遂げる上でも「はなのき台」が市内外、あるいは県外の方からも魅力ある地区として選択される必要があります。
組合でご尽力いただいた方々と、新たに自治会を構成された方々とが今後も協力して素晴らしいまちを創っていただきたいと願うばかりです。

祝賀会の場を後にしてからは、市内で行われた新年会や「おびしゃ」に参加させていただきました。
その中で、東金山区では伝統の「茶飯」をいただき、小泉区では大きな杯でお酒をいただきました。
それぞれの伝統行事が今も各地区で受け継がれていますが、これからも各地区でその伝統が続くように政治的な視点においても努力しなければならないと感じました。

|

« 知名度 | トップページ | 議会中継について視察を受けました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「はなのき台」完成祝賀会と「おびしゃ」:

« 知名度 | トップページ | 議会中継について視察を受けました »