« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

成田市では予算審査順調

国会は平成23年度予算をめぐって難航しているようですが、成田市議会では今日から予算委員会が始まり、第1日目は無事に終わりました。
会派の事務的な作業をしながら成田市議会予算委員会の中継に耳を傾けていましたが、委員から様々な質疑が行われていました。時には議員の演説に近いものもありましたが、活発に意見が出る事は良いことだと思います。

日中に成田ニュータウン内で議会に対するご意見をいただきましたが、毎回議会の中継を見ていただいているとの事。
議会に対して興味を持っていただくのは当然なはずですが、そうでない現状を思うと貴重なご意見をいただけるのは嬉しく思います。

私は4月1日の県議選で立候補を予定していますので、立候補の届け出と同時に市議会議員を失職します。
市政の広範な内容をこれまで理解しようと努力し、自分自身の政策として積み上げてきたつもりですが、今後も市民の皆様からのお問い合わせに対応できるように市議会での議論をフォローしていきたいと思います。
そして、叶うならば県議会に議席をいただき、幅広い県政の内容についてもこれまで通りの方針を貫いて、市民の皆さんに情報の提供ができるように努めたいと思います。

県議選告示まで あと31日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

多くのご意見をいただきました

今日はまず、13回目を迎えた本城ふれあいフェスティバルに参加させていただきました。
過去のこの行事は、寒く雨に降られた印象が残っていますが、今年は天候に恵まれ主催者も一安心といったところです。
開会式の直後には恒例の餅つき。来賓として来られていた小泉市長も餅つきに参加し、場を盛り上げていました。

午前11時に本城小学校を後にしてからは、地元地域の総会に出席。
その後、成尾県会議員の後援者の集まりに参加させていただきました。
この場では、私にもご挨拶の機会をいただきましたので、突然の議長辞職の理由、そして「成田の発展が千葉を押し上げる」との考えで、成田の戦略的発展を目指していきたいとの思いを述べさせていただいたところです。

午後からは、市内某地区の方々にご協力いただき後援会活動を実施。そして終了後に意見交換の場を設けることができました。
今の政治状況、TPPへの対応などなど、様々なご意見を頂戴したところです。

さて、出来る限り毎日のブログの更新を心がけていますが、4月の選挙に向けた活動に多くの時間を割いているため、日によっては更新できずにいる最近です。
市政の様々な動きをお伝えすべきとの思いは変わらずにいますので、今後とも読んでいただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

成田が進化して「都心から90分以内に機内へ」 早期に実現を望みます

春から初夏のような陽気となった今日ですが、いつものように「駅頭」に備えて着込んだ長袖の下着を途中で脱ぐこともできず、久しぶりに汗をかいた1日です。

日中は先月入会した成田ロータリークラブの例会に出席しました。
今日の卓話(ロータリークラブで用いられる用語で短い講演)は、NAA空港会社の森中社長が担当されました。

Naa その中で興味深かったのが、出発時のサービス改善として「都心から90分以内に機内へ」というもので、私も予てから考えていた利便性を向上させる最も重要な「時間短縮」です。
今後様々な取り組みを重ねる事で、時間の短縮を図るというものですが、「遠くて時間がかかる」という成田空港のイメージを払しょくできる内容です。
私としては、是非早期に実現してもらいたいサービスであると考えています。

さて議会は、今日で通常の委員会日程が終了し来週月曜日からは3日間の日程で予算委員会が開催されます。
予算関係議案を除く他の議案はすべて各委員会を通過しましたので、市長をはじめ執行部とすると「来週の予算委員会を乗り切れば」との思いが強いところかと思います。
成田市政史上過去最高額の予算ですので、予算委員会で慎重に審査をして欲しいと願っています。

あと1点。昨日書き込んだ市議会議員選挙の立候補予定者説明会の日程ですが、選挙管理委員会に問い合わせてみました。
すると、確かに「成田は遅い」との認識を持たれていましたが、「議会の日程を尊重しているため」との事です。
他の自治体では議会開会中に行うところもあるようですので、考え方は様々なのかと感じました。
いずれにしても過去に「説明会の日程が遅い」との苦情らしきものはほとんどなかったという事ですので、今のところ問題なしと言ったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

成田の潜在力を引き出したい

毎日色々な方とお会いする機会に恵まれ、特に今後の千葉県そして成田の発展を実現する上でのヒントをいただいています。

今日も”成田国際空港がある”という他にない優位性を生かせるとして、2つの特区構想についてご指導いただき、また意見交換させていただきました。
この2つの内容については既に私の政策に入っているものですが、正直言って具体的な進め方などはかなり漠然としていた部分がありました。

しかし、今日の意見交換でその漠然としていた部分が少し具体化された感があります。
民間の知恵と活力を利用することにより、規制さえ緩和できればこの地域の可能性が大きく広がります。
具体的な内容については今のところ伏せておきますが、今後の政治活動の中で着実に進めてみたいと考えています。

さて、話は全く変わりますが、選挙前に行われる立候補予定者説明会の日程についてちょっとした話がありました。
4月に執行される成田市議会議員選挙の立候補予定者説明会の開催日は3月11日。

ところが、同じ選挙の日程であるにもかかわらず富里市では2月23日、佐倉市では2月14日に行われたそうです。
「なんで成田は遅いのですか」との問いかけにそのような比較をした事もなかった私とすると答えようがありませんでした。
と言うよりもどこでも同じ選挙日程であれば、同じころに開催されているものと考えていましたので、実際にかなりの差がある事を知って自分自身でも疑問の出たところです。

成田市の日程の設定は、3月議会の日程を考慮したもので、説明会に議員本人が出席することなども考慮したものと考えられますが、他の自治体に比べて遅い現実があるという事を知ったところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

駅前整備に対する請願は再び不採択

ここのところ時間の合間を見つけてなるべき多くの人とお会いするように心がけていますが、その思いとは裏腹に広い成田市の中で小さな動きしかできていない現実を突きつけられているところです。

後援会事務所を開設したものの、選挙への準備は未だ多くの課題がある現状ですが、時間を有効に活用して前へ進めてゆきたいと思います。
ちなみに事務所に残り、いつもより早めのブログ更新です。(現在午後8時5分)

さて、昨日の建設水道常任委員会で、JR成田駅東口再開発事業についての請願を審査しました。
12月議会でも同趣旨の請願が提出され不採択と決定しましたが、現在想定されている高層マンションに反対する方々から色々なご意見が寄せられています。

結果として、委員会では全会一致で不採択と決定しましたが、成田駅前の整備は成田市にとって長年の懸案でしたので、色々な議論を経て事業が着実に進められる事が重要であると考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

NZでの地震発生について

ニュージーランドのクライストチャーチ付近で地震が発生し大きな被害が出ていることが伝えられています。
日本人も含めて未だ安否の確認できない方が多数いるとのことで、一刻も早く本格的な救助活動が開始されることを望んでいます。

今回の地震はマグニチュード6.3と報道されています。
一般的に地震規模M6を超えると被害が発生する可能性が高まり、「大地震」という印象ではありませんが、震源の深さや地盤の特性、そして建物固有の性質などが絡み合うと甚大な被害をもたらすことがあります。
ちなみに、マグニチュードは1の差で約32倍、2の違いで約1000倍のエネルギー差が生じます。
多くの方には、その地点での揺れの程度を表す「震度」の方がわかりやすいかもしれません。

私見ですが、映像を見る限り大きな被害を受けた建物とほとんど影響を受けていない建物があるようで、古い組石造りの建物や耐震上の配慮が足らない建物などの被害が大きいように見えます。
世界的には日本、アメリカと同じように耐震設計の先進国と呼ばれる中に位置するニュージーランドで、M6.3クラスの地震でこのような被害が発生することに正直驚きをもっています。

大学時代、建物等の地震応答解析を行っていた私としては、地震と建物の被害に興味を持ちますが、何より一刻も早い被害者の救出を心より願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

新しい清掃工場 9か月遅れる見通し

今日はJR成田駅西口での駅頭を実施。
市議会議員として再起を目指す尾形英司氏と、2期目を目指す雨宮真吾議員が既に陣取っていましたが、二人とも駅頭慣れしている横で私の場合は、ほとんどの人が前を忙しそうに通り過ぎてゆく状況でした。

雨宮議員は市政報告の配布を丁寧に行っていました。かつて私も市政報告を作成しては駅で配布していましたが、3期目以降すっかりご無沙汰となってしまっていますので、初心に帰る必要があるとの思いをしたところです。

さて、午前10時からは、新清掃工場整備特別委員会が開催され、建設中の新しい清掃工場の工期が9か月伸びて、本格稼働は平成24年の9月になるとの報告がありました。

この報告に対して委員からは、

  • 共同事業のパートナーである富里市に迷惑は掛からないのか
  • 予定外の財政負担は発生しないのか
  • 下総・大栄地区のゴミの処理に問題はないのか

私からは、

  • 当初の工期設定に問題があったのではないか
  • 工期遅延の事実公表をもっと早く出来たのではないか

等の質問をさせていただきました。

尚、工期遅延の大きな原因は、天候や想定外の地盤の悪さなどが重なったためとのことです。
成田市政始まって以来の大規模事業ですので、担当部署の職員の方々には万全を期した管理体制を持ってこれ以上の遅延を発生させず、かつ長期にわたって市民生活に影響の出ない信頼できるごみ処理施設を完成させていただきたいと願うものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

阿久根市の議会解散に思う

今日は、市内各所での活動となりました。
最近では、このブログの更新も毎日出来ない状況にありますが、出来る限り書き込んでいきたいと思います。

夜には地元地区で市政報告を行わせていただきました。
約30分間、自分自身で感じている思いや成田市の状況、そして今後の課題などについて述べさせていただきました。

さて、先ほど入ってきたニュース。鹿児島県阿久根市議会の解散請求の住民投票の結果、議会の解散が決まったとの事です。
先日の名古屋市議会に続いての”議会解散”となり、出直し選挙がおこなわれることになります。

私も今任期の約4年間、「市民に信頼される議会」を確立するため、努力してきたつもりですが、市長が持つ”権力”との均衡はまだまだ難しいという感じを持っています。
法律で定められた議会の権能からすると首長との差は歴然で、今回の名古屋市や阿久根市のように一方的に政治を動かす力を市長は持っています。

しかし、首長の独走を許さず「監視と政策提言する」のが議会の存在であり、時には首長と対立することも当然に発生し得るのです。
様々な議論を行った上で、最終的に「民意を問う」のは正常なことですが、法治国家にあって首長が法律を無視した行動をした場合、議会がそれを許すわけにもいきません。

名古屋市や阿久根市での騒動について、地方議会の存在を改めて考えることとなるのかとの感を持った今日の日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

議会は前半が終了

今朝の雨はドシャ降り。予定ではJR成田駅西口での駅頭を予定していましたが、あまりの雨の強さに断念しました。

そして議会は、午前10時より予定通り一般質問が行われ5人が登壇、議案第1号の人権擁護委員の人事案件を先議し、無事に前半の日程が終わったという感じです。

来週からは各委員会の日程に入り、議案や請願などが審査されます。
今回提出された請願は2件ありますが、その内の1件は「TPP交渉参加反対に関する請願」です。

「TPP」に関する議論は、既に多くの方がご存じであると思いますので説明を避けますが、「TPP」に参加した場合、農業への打撃は計りしれず、日本農業が壊滅的な影響を受けると危惧されています。

一方で、工業製品を中心に輸出に依存した産業構造が特徴の我が国としては、世界的な潮流に乗り遅れる事も許されません。

私の所属する会派では、今日の時間を使ってこの件について議論を行いましたが、結論には至っていません。
私個人としては、今後の世界的な食糧問題を考えても「農業を国家として守るべき」との思いがあります。

最終的には3月9日の本会議で成田市議会としての態度を決定することになりますので、私自身も自分の考えをはっきりとさせるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

一般質問が続きます

今日は比較的暖かい朝であった事もあり、地元の交差点で立っていても体が真から冷える事もなく、10時からの本会議にスムーズに入れました。

質問に立った議員は5人。それぞれの主張も交えながら、参考になる部分も多くあった質疑です。

この約4年という時間の多くを議会改革に費やし、質問の方法も抜本的に見直しさせていただきましたが、前半の2年は議会運営委員長、そして後半は議長と言う立場であったため自分自身で本会議の質問に立つ事は1回のみとなってしまいました。

所属の委員会では積極的に発言し、質問もさせていただきましたが、今季最後の議会と言う事を考えると、本会議場での質問がもう出来ないという事を改めて感じることとなった今日の本会議です。

成田市議会の本会議場は、議員と執行部が向き合って座っていますが、執行部側に座る幹部職員の顔を見ると、この3月で退職する方が結構いらっしゃることに気が付きました。
この方々も最後の議会に臨んでいるわけですが、全くそのような雰囲気もなく、いつも通りの時間が流れている成田市議会で、明日この任期最後の一般質問の行われる本会議となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

会派の代表質問が行われました

今日の成田市議会は5つの会派の代表質問が行われ、いよいよ3月議会が本格的始まったという感じです。

約1年8か月ぶりに議席18番の自席についての本会議で、議長職にあるときは、

  • 質問が通告内容を逸脱していないか
  • 発言は適切か
  • 答弁に漏れはないか

などなど常に気にしながら質問を聞いていました。

しかし今日は、久しぶりに細かいことを気にせずに質疑を聞かせていただいた感じです。

夕方からは所属会派の食事会に遅れて参加し、和やかな中で様々な意見交換をさせていただきました。
現在の会派のメンバーが全員揃っての食事会は最後であるのかと思うと、感慨深いものも感じたところです。

さて、明日の成田市議会は個人の一般質問が行われます。
インターネットでも生中継をしていますので、お時間のある方はこちらから見ていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

「駅頭」実施中です

昨日と今日は議会休会日。私が議会運営委員長を担当した時に、代表質問制入の是非について検討し、年に1度3月議会においては市長の施政方針が述べられることから、各会派からの代表質問を行うことを決定しました。
そして、代表質問がある3月議会のみ、市長の市政方針が公に示された議会開会日の後、代表質問と新年度予算関連等の議案について調査する時間を確保するため、2日間の休会日を設定したものです。

さて、毎日場所を変えて「駅頭」を行っています。「駅頭」、「駅立ち」など表現は様々ですが、通勤通学される方々にご挨拶をさせていただいています。

今日は新たに市議会議員選挙に挑戦する若手男女3人の候補者に遭遇しました。

その姿を見て16年前、私も初めての選挙で手探りの状態であったことを思い出しました。
知名度もなく何からすればよいのかわからない中で、当時もすでに「駅頭」が存在しましたが、今では選挙に向けた活動として当たり前となった運動です。

そして私も、県会議員選挙を「新たな挑戦」と位置付けて、「駅頭」を行わせていただいているところですが、思いのほか知名度の無さを実感している毎日です。

今はとにかく多くの方に顔と名前を覚えてもらいたいとの思いの毎日ですので、朝の「駅頭」にご理解を頂ければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

久しぶりの「夢の会」

今日は朝から寒い日で、駅頭最中も突然の雪に見舞われましたが無事に1日過ごしたという感じです。

日中は選挙準備にかかわる事が様々ありましたが、夜には久しぶりに近隣の議員で組織する「夢の会」が開催され、同志との意見交換となりました。
多くのメンバーが選挙を目前にしての会合ということで、スタートは午後8時。そして色々と意見交換させていただき帰宅しました。(現在午後11時46分)

「夢の会」は、佐倉市選出の西田三十五県議、印旛郡選出の大野 眞県議、八街市選出の山本義一県議、印西市議会の金丸和史議員、富里市議会の秋本真利議員(自民党千葉県第9選挙区支部長)と私、小池まさあきで組織されている団体です。

日頃から色々な意見交換の場が設定され、私自身の政治活動には大変有意義な場となっていますが、今日も近隣の様々な動きについて参考となる情報が多くありました。

この会も組織されてから約10年。それぞれの考え方にも差が出てきているところですが、私としては”同志”として同じ目線で議論できることを素晴らしいことと思っています。
今日も食事をしながら近況報告や政治的な会話に花が咲き、あっという間に時間が経過しましたが、今後もそれぞれの選挙を勝ち抜いて5月ごろには再会をしたいとの思いで一致したところです。

さて、明日も新たな後援会事務所の開設準備に力を注ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

事務所を開設します

後援会事務所を来週14日(月)より、成田市東町155-1に2ヶ月間、開設することとしました。

選挙戦に向けて体制づくりを急ぎます。

電話等の準備は週明けとなりますので、事務所としての機能が整い次第詳しくお知らせします。

なお、事務所を維持するためのスタッフが不足しています。
ボランティアとして小池まさあきの選挙に向けた活動を支援していただける方、是非ご協力をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

記者会見 初めての経験でした

今日はあいにくの天気。積雪も心配されたようですが、今のところ影響を及ぼすような事にはならないようで一安心です。(現在午後10時45分)
寒さを感じた今日は、挨拶回りなどが中心となった1日です。
しかし、市内某所の行事への参加を予定していましたが、既に県議選の他候補への支持が浸透しているようで、直前になって「見合わせてほしい」との言葉に、若干の落ち込みを感じた1日でもあります。

さて一昨日、議長を辞任して議会関係の予定を全て終えた後、県議会議員選挙への出馬について市役所内で記者会見を行わせていただきました。
新聞社から6人の記者が集まっていただき、私の県議会を目指す思いを述べて様々な質問にもお答えさせていただきました。
記事としてあまりインパクトがなかったのか、今日の朝刊で取り上げていただいた新聞社が少なかったのは残念なところです。

これまでは、このブログ上で様々な行事への参加をお伝えし、市の動きなどもいち早く情報を得ることができましたが、これからは選挙に向けた活動なども多くなってくるものと思いますのでご理解ください。

あと1点。昨日の全員協議会で、中台運動公園の施設命名権が3年の契約期間を残して契約解除となることが明らかにされました。
原因は、昨年11月のマラソン大会の際に配布された印刷物への表記が、当初契約した内容に沿わない行為をしたためとのことです。
具体的には、施設命名権導入後1年間はこれまでの名称をあわせて表記できることになっていましたが、1年をはるかに超えた昨年11月時点で「中台陸上競技場」という名称を併記したためです。

既に新年度予算にはこの収入を削ってありますので、昨年11月以降市役所内部で対応に当たり、契約解除の受け入れを早い時期に市として決定していたようです。
私としては、重要な案件であるだけに議会への情報伝達が、今月の議会開会直前とであったことは残念に思うところです。

当初は「すぐにでも新たな企業を募集したい」との考えが伝わってきましたので、市の拠点施設の名称が数年でころころと変わることを考えた場合、契約の内容などとともに慎重にすべきとの思いを伝えさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

議長を辞職 後任は岩澤 衛氏

今日から3月定例市議会が始まりました。

冒頭、市長の施政方針演説があり、次に副市長から43議案について提案理由が述べられました。
そして午後1時に開会してから1時間20分後、私から休憩を宣言させていただき、油田 清副議長にたいして議長の辞職願を提出させていただきました。

その後、会派代表者会議、議会運営委員会、全員協議会を経て、副議長の仕切りにより本会議が再開、私の議長の辞職が許可されて直後に議長選挙が行われて、第35代議長に岩澤 衛氏が選出されました。

次期県議会議員選挙への立候補を予定しているため、このまま議長職にとどまると4月1日の県議選への立候補と同時に議員としての職を失い、市議選直前に議長が自動失職するという事態を招きます。
また、今年度の成田市議会議長は、千葉県市議会議長会の副会長を務め、4月14日からは会長に就任することが決まっているため、様々なことを総合的に判断して任期途中ですが議長の辞職を決断させていただきました。
この件については昨年秋以降、辞職のタイミングを検討してきましたが、今日の辞職となったところです。

なお、議員としては職にとどまり、私にとって市議会議員として加われる最後の議会として重要な3月議会の審査を行わせていただきます。

振り返れば一昨年、平成21年6月議会の初日に第34代の成田市議会議長としての任をいただき、今日まで約1年8カ月議会を代表する役目を担わせていただきました。

議会改革を推し進めるため、先輩・同僚議員の方々には強引とも思われる事が多々あったかと思います。
また、市の職員の方々に対しては、二元代表制の確立と議会権限の強化を目指してきた関係上、様々な要求をさせていただいて参りました。
議長を辞職した今、時には失礼があったかとも感じていますので、お詫びしなければならないと感じています。
そして合わせて、これまでのご協力に心から感謝申し上げます。

引き続き成田市発展のため活動させていただけるように、誠心誠意努力を続けてまいりますので、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

23年度予算は628億円

今日は10日に開会する3月議会に上程予定の議案について説明会がありました。

3月議会は、初日に市長の施政方針演説が行われ、それに対して各会派の代表質問、そして年間予算が審査されるなど、年間4回ある定例会の中でもっとも重要ともいえるものです。

そして今日の議案説明会において、平成23年度の成田市の予算の概要が明らかになりました。
一般会計の規模は、628億円。22年度当初予算が572億円でしたので、伸び率約9.8%です。

予算規模が拡大すると聞けば成田市が着実に発展していると思われる方も多いと思いますが、この規模拡大の要因は、大規模事業のための支出が23年度と24年度に大幅に増えるためです。
具体的には、新清掃工場の建設と駅前再開発事業が大きな要因となり、また、公津の杜に造る中学校と複合施設、赤坂消防署の建て替え事業なども挙げられます。

これらの大規模な事業に対して、国からの補助金が増えるとともに起債にも頼らなければなりませんので、補助金と起債が大きく増えています。
ただ、補助金を獲得しまた新規の大規模事業に着手するために起債するには、一定の財政力がなければなりません。

一般会計予算が600億円を超える自治体は、おおよそ人口20万人規模といわれています。
成田市の人口が12万6千人ですので、いかに市民一人当たりの予算が多いかということがわかると思います。

しかし、成田市の財政が豊かであると言われるのはあくまでも比較論。
他の自治体に比べて良い数値であるに過ぎず、私は、今後の中長期的な視点で財政力を維持する努力が必要であるとの認識を持っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

「ソラからジェシカ」クランクイン

第3回沖縄映画祭に出品される地域発信型映画が成田を舞台に作られることは、既に多くの方がご存じかと思います。
これまで準備が進められてきましたが、今日からいよいよ私の地元三里塚の戸村商店で撮影が開始されました。

20110207083036 早速足を運んでみると、主演の陣内智則さんとジェシカを演じるロザーナさんとお会いしました。
映画の撮影現場は初めてですが、緊張感ある中で楽しそうな雰囲気もあり、興味深く見させていただきました。
なお、明後日には私が理事長を務める保育園も撮影に協力する予定です。

午後からは、印旛広域市町村圏事務組合議会の定例会に出席し、議長職として本会議を進行させていただきました。
他市の市長から、八ツ場ダムについての動向など質問がありました。
この事務組合では、構成市町が将来の水源確保のため八ツ場ダムの建設に対して負担金を支払い続けてきました。
しかし、未だに結論が出ていなため国の決定に従って予算を編成せざるを得ない現状に対して、出席した首長、議長の多くが不満を抱えている状況です。
今年秋ごろには、国において最終的な結論が出されるものと聞いていますが、結論の先延ばしによって市町村が様々な影響を受けている事を国政に携わる方々には認識して欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

消防出初式

Img_2864 Img_2870 全国でも最も遅いといわれる成田市の消防出初式が開催されました。

例年と大きく異なるのが天候。いつもであればまさに厳寒の中での出初式ですが、今日はこの時期にしては気温の高い日でしたので、参加した消防団員の方々もほっとしたところかと思います。

本来であれば、私も消防団員として隊列に加わらなければならないところですが、昨年と今年は市議会を代表する立場で参加させていただきました。

ここ数年、成田市の出初式には一般の方々の姿も多くなり、様々な努力が実っているように思います。
今日も、消防車に乗って写真を撮る家族連れの姿も多くあり、消防行政への理解が深まる一助ともなっていると感じたところです。

午後からは、各地域の行事へ参加させていただき、それぞれの地域の問題点や課題などをお聞かせいただきました。
政策に生かす情報を得るには、何といっても目線を同じくした会話です。
これからも、各地域の行事などへの積極的な参加を通して得られる触れ合いを政治活動の原動力にしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

広くなった成田を実感

今日は、選挙に向けた動きが多かった1日となりました。

これまで4回の選挙を戦ってきましたが、新たに県議選に挑戦することで感じているのが、まさしく”新人”としてのハードルの高さです。
過去4回の選挙で、特に2回目以降はそれなりに経験を生かした戦い方を進めてきましたが、今回は”全くの別物”である事を思い知らされています。

成田市は人口の流動も大きく、また特に合併によって新たに下総、大栄地区も加わり、特定の地域だけで戦ってきたこれまでとは大きな差があります。

特に私の住む三里塚は、成田市の南端。色々な地域に足を運ばさせていただくと、市域面積213.84平方キロ、全国787市(東京23区も一つの市としてカウント)の中で335番目、千葉県下6番目の広さを実感します。

人口が西側に偏ってはいますが、各地域の方々との接触を一人でも増やして戦いを進めてまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

伊達直人からの100万円は魚沼市へ

今日は各会派代表者とともに市長との昼食会、印旛管内市議会正副議長会などがありました。

市長との昼食会の前に、執行部から重大な報告があり、正直言ってびっくりしたところです。
重要な内容であるにもかかわらず、今日の市長との昼食会直前に急きょ情報を伝えるという姿勢に議会改革を進めてきた私としては、今後も執行部との緊張感を持った関係作りが必要であるとの思いを強くしました。

特に、市としての意思決定が行われてからの時間の経過を思うと、議会の存在が軽視されていると言わざるを得ません。
今日の時点で内容を明らかにすることを避けますが、議会を代表する立場の私としては、適時に十分な情報収集が出来ず、3月議会の質問通告の終了後になって問題が明らかになったことに責任すら感じた次第です。
いずれにしても、この内容については来週開催される全員協議会での報告を待ってからお知らせしようと思います。

話は変わりますが、1月31日、成田市にも今はやりの”体力の衰えた伊達直人”が現れ、寄付として受付に100万円の入った封筒を置いて行きました。
封筒の中には、現金100万円と除雪費に使って欲しいとの手紙が添えてあったそうで、執行部で協議した結果、魚沼市へ送ることで調整がついたとの事です。

最近はやりの”伊達直人”。孤児院出身のタイガーマスクの主人公ですが、この漫画を見て育った私としては、久しぶりに主題歌やストーリーの記憶の一部が蘇ってきました。
そして今回、成田市にも現れ100万円の寄付をいただきましたが、あくまでも「除雪費に」との事ですので、全額を多くの自治体が大雪で大変な窮状の中、魚沼市へ贈ることを決定したとの事です。

行政に対する寄付の仕方は様々ですが、経済状況が好転しない現状など様々な時代背景が絡み合った結果なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

節分会

今日は節分。全国で豆まきが行われたようですが、成田市内で行われた4か所の豆まきに参加させていただきました。

Bfa42 C0381 成田山新勝寺では、NHK大河ドラマに出演している俳優の皆さんや、相撲界から関取を迎えて華やいだ雰囲気で、また多くの参拝客が訪れて豆まきが行われました。
地元の議長は毎年特別年男としてご招待いただき、光栄にもそうそうたる皆さんと一緒に豆まきに参加する事が出来ます。
お陰さまで昨年に続いて私も参加させていただきましたが、大本堂では来年も県議会議員として参加できるように選挙の勝利を祈願させていただきました。

午後からは、地元三里塚の浅間神社、天満天神社、午後4時から宗吾霊堂の節分会。
宗吾霊堂でも多くの年男年女の皆さんが参加され、天候に恵まれた今年の伝統ある節分会であったと思います。
宗吾霊堂は、来年の360年祭を控えて、大本坊の屋根の葺き替え事業が間もなく始り、記念行事の準備がいよいよはじまる今年です。

成田山新勝寺、そして宗吾霊堂という全国的にも名を馳せるお寺を地元に持つ成田市。これからも伝統を守りながら観光振興に力を入れるべきとの思いを強くしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

北総地区正副議長会で旭中央病院を視察

今日は北総地区の正副議長会の臨時総会が旭市で開催され、油田副議長とともに参加しました。
総会そのものはスムーズに進み、その後新しい本館の建設が進められていて完成間近の旭中央病院を視察させていただきました。

Headimg_preparation1 旭中央病院は、3次救急に対応する千葉県の中核総合病院で、多くの方から信頼が寄せられています。
全国の自治体病院が赤字体質であるのに対して黒字経営を続け、今回の新館建築費用約200億円、総事業費約320億円を超える大規模事業のうち約100億円が自己財源で賄われているとのことでした。

毎年国から交付される約15億円程度を旭市が負担して運営されている同病院で、今回の工事に対する市の負担は”ゼロ”。
全国で医師・看護師不足が問題になっている中で、地元に住む事が条件となっているにもかかわらず、今のところ研修医が多く集まっているとの事です。

この旭中央病院の存在と対比して考えてしまうのが私たちの地元にある成田赤十字病院。多くの問題と課題を抱え、議会としても多くの議論があったところですが、成田市としても直接的な支援を始めたばかりです。
今後成田市が医療体制を充実させるためには、成田赤十字病院の存在を抜きには語れません。

既に報道もされていますが、成田市としては医科系大学の誘致を”本気”で考えています。
と言うよりも、県議選への立候補を予定している私としては、千葉県の人口当たりの医師の数が全国45番目という現状を考えても、国において新たに医科系大学の設置が認められるのであれば、「是が非でも千葉県にそして成田市に」との思いです。

今日の竣工間近の旭中央病院の新館を目の当たりにして、医療政策への思いを新たにしたところです。
尚、掲載した完成イメージは、旭中央病院のホームページからの転載です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

2ヶ月後の今日

早いもので今年も1ヶ月が経過して今日から2月。そして2ヶ月後の今日千葉県議会議員選挙が告示されます。
この県議選への立候補と同時に市議会議員としての職を失います。

思い起こせば16年前の今頃も初めての選挙を控えて緊張した日々を送っていました。
選挙の経験こそ積みましたが、これまでの何倍もの票を獲得しなければならず、県議選ではまさに”新人”としての挑戦です。

なかなか思うように選挙を戦う体制づくりが進まず、時間との戦いの様相ですが、前へ前へ進めていくしかありません。
どなたでも結構です。是非私の後援会組織作りにご協力ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »