« 23年度予算は628億円 | トップページ | 記者会見 初めての経験でした »

2011年2月10日 (木)

議長を辞職 後任は岩澤 衛氏

今日から3月定例市議会が始まりました。

冒頭、市長の施政方針演説があり、次に副市長から43議案について提案理由が述べられました。
そして午後1時に開会してから1時間20分後、私から休憩を宣言させていただき、油田 清副議長にたいして議長の辞職願を提出させていただきました。

その後、会派代表者会議、議会運営委員会、全員協議会を経て、副議長の仕切りにより本会議が再開、私の議長の辞職が許可されて直後に議長選挙が行われて、第35代議長に岩澤 衛氏が選出されました。

次期県議会議員選挙への立候補を予定しているため、このまま議長職にとどまると4月1日の県議選への立候補と同時に議員としての職を失い、市議選直前に議長が自動失職するという事態を招きます。
また、今年度の成田市議会議長は、千葉県市議会議長会の副会長を務め、4月14日からは会長に就任することが決まっているため、様々なことを総合的に判断して任期途中ですが議長の辞職を決断させていただきました。
この件については昨年秋以降、辞職のタイミングを検討してきましたが、今日の辞職となったところです。

なお、議員としては職にとどまり、私にとって市議会議員として加われる最後の議会として重要な3月議会の審査を行わせていただきます。

振り返れば一昨年、平成21年6月議会の初日に第34代の成田市議会議長としての任をいただき、今日まで約1年8カ月議会を代表する役目を担わせていただきました。

議会改革を推し進めるため、先輩・同僚議員の方々には強引とも思われる事が多々あったかと思います。
また、市の職員の方々に対しては、二元代表制の確立と議会権限の強化を目指してきた関係上、様々な要求をさせていただいて参りました。
議長を辞職した今、時には失礼があったかとも感じていますので、お詫びしなければならないと感じています。
そして合わせて、これまでのご協力に心から感謝申し上げます。

引き続き成田市発展のため活動させていただけるように、誠心誠意努力を続けてまいりますので、よろしくお願いします。

|

« 23年度予算は628億円 | トップページ | 記者会見 初めての経験でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/50834874

この記事へのトラックバック一覧です: 議長を辞職 後任は岩澤 衛氏:

« 23年度予算は628億円 | トップページ | 記者会見 初めての経験でした »