« 県議選浦安市市選挙区 議席確定 新白井市長も誕生 | トップページ | 議席は最前列 12番 »

2011年5月23日 (月)

千葉県水道局浄水場の汚泥から放射性物質

千葉県水道局において、柏井浄水場、福増浄水場から浄水過程で生じる汚泥について5月16日にサンプリングを行い、放射線量を測定したところ放射性物質が検出されたとの事です。本日、千葉県水道局より知らせがありました。

             柏井(東側)  柏井(西側)  福増
放射性ヨウ素       137       318    不検出
放射性セシウム134     576       625      23
放射性セシウム137     717       715      30
                               (単位:ベクレル/kg)

ただし、水道水についてはいずれの浄水場からも放射性物質は4月16日以降検出されていないとのことで、飲用等に全く問題はないという報告でした.

各浄水場の汚泥はセメント会社に委託して処理していますが、現在搬出を中止しているとのことです。

成田に関係する北総浄水場については、現在測定結果を待っている状態との事ですので、結果が出次第公表される見込みです。

|

« 県議選浦安市市選挙区 議席確定 新白井市長も誕生 | トップページ | 議席は最前列 12番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県水道局浄水場の汚泥から放射性物質:

« 県議選浦安市市選挙区 議席確定 新白井市長も誕生 | トップページ | 議席は最前列 12番 »