« 議席は最前列 12番 | トップページ | 成田市議会 正副議長決定 »

2011年5月25日 (水)

生茶葉から放射性物質

1 本日先ほど、千葉県安全農業推進課よりFAXが届きました。
内容は、野田市、成田市、富里市及び山武市の生茶葉から暫定規制値500ベクレル/kg(放射性セシウム)を超える放射性物質が検出され、生産者に対して出荷自粛の要請を行うとともに、製茶加工業者に対しては、この4地区の生茶葉を使用しない事、そして既に出荷・販売した製品がある場合は回収するように要請したとの事です。

2 その他、主要農産物についての分析結果も示されましたが、今回の発表の範囲では放射性ヨウ素131、放射性セシウム134、137は検出されなかったという事です。

実は、私が理事長を務める保育園では毎年園児によるお茶摘みを実施し、その生茶葉を製茶して少量ずつ各家庭にも配布していました。
今年の実施をどうするか考えていたところですが、当然中止をせざるを得ません。

そしてここ数日、行政に頼っていられないという事で、自ら放射線量測定器を手に入れようと考えていましたが、有効なものは平均4カ月待ち。
対応を考えなければなりません。

空気中の放射線量自体は落ち着いている数値が発表されていますが、千葉県の測定結果は市原市の測定場所で地上7mの位置。また、成田空港での測定位置は地上24mの位置です。

今回の分析結果では、半減期8日の放射性ヨウ素はほとんど検出されず、半減期が30年の放射性セシウムが多く検出されていることから、飛来と降雨などによって地表面や物質の表面に多くの放射性セシウムが存在している事を連想させます。
しかし、露地物の主要農産物からは検出されていない。

身近な問題として早急な対応を求められているように感じた今日の結果です。

|

« 議席は最前列 12番 | トップページ | 成田市議会 正副議長決定 »

コメント

毎日天気予報のように、放射線量の数値が発表され、目には見えないだけに、その数値が目安です。小
さな子供たちへの、影響は避けられない事実でありますね。特にこれから暑くなり、保育園や小、中学校などのプールの水が心配です。成田市はそのあたりの配慮はありますか?

投稿: 都子 | 2011年5月27日 (金) 14時20分

お問い合わせありがとうございます。
プールの水は、成田市内の水道水を利用しており、現在のところ水道水から放射性物質は検出されていませんので、市としては問題ないとの見解です。
ただし、学校や幼稚園、保育所など各施設を利用する子どもたちにとって、様々な配慮と保護者に対する情報提供が必要であると考えていますので、週明けにも成田市の今後の対応を確認します。

投稿: 小池まさあき | 2011年5月30日 (月) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生茶葉から放射性物質:

« 議席は最前列 12番 | トップページ | 成田市議会 正副議長決定 »