« 議会の重鎮 越川氏の勇退をねぎらって | トップページ | 成田にとって千葉県にとって重要な道路整備 »

2011年5月 5日 (木)

先祖の供養へ

ゴールデンウィークを利用して、我が家と母方の祖父母4人の遺骨が分骨されている身延山久遠時をお参りしてきました。

渋滞を覚悟していたとはいえ、実際には大変なものでした。
我が家の子どもたちにとっては、久しぶりの”お出かけ”と言う事で楽しみにしていたようですが、ほとんどの時間を車の中で過ごすことになり、退屈気味であったようです。

選挙の関係でしばらく子どもたちとの時間もゆっくりと取る事が出来ませんでした。
この間、長男は小学校へ入学し、長女も年中となりました。
二人とも色々な言葉を覚えて来て、時にびっくりするような言葉を話す事もありますが、親の知らない生活が増えてきている証拠かもしれません。

今後も一人の親として出来る限り子どもとの時間を定期的に作るように心がけたいと思いますが、県議会議員としての活動が落ち着くまでは今しばらく家族にも理解を求めなければならないと感じたところです。

|

« 議会の重鎮 越川氏の勇退をねぎらって | トップページ | 成田にとって千葉県にとって重要な道路整備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先祖の供養へ:

« 議会の重鎮 越川氏の勇退をねぎらって | トップページ | 成田にとって千葉県にとって重要な道路整備 »