« 300年以上の歴史を持つ六角堂が焼失 | トップページ | 今日も盆踊り »

2011年8月 6日 (土)

航空会社勤務の方との会話から思う成田の現状

ツイッターの登録を昨日しました。
アカウントも取得し、実際にツイートしてみましたが、まだよくわかりません。
このブログでも近いうちにお知らせいたします。
既に多くの方が利用していますので、若干乗り遅れ気味とも言えるかもしれませんが、ブログよりもタイムリーに情報発信など行えればと思います。

さて、今日は「準家庭倫理の会成田市」の発足式、夕方からは「郷部・美郷台納涼盆踊り大会」に参加させていただきました。
郷部・美郷台地区は、私の子どものころとは比べ物にならないほど発展しました。
特に中学生時代、野球の試合に自転車でニュータウン地区まで行く時には、山の中を走る一本の急な下り坂と上り坂がある道路を通った事を鮮明に覚えています。
今のように歩道もなく、上り坂は自転車を降りなければ登れないほど急な坂道でした。
その道路が、今では緩やかな坂道となって郷部大橋から土屋交差点までの郷部・美郷台地区を走るメイン道路となっています。

今日の盆踊り大会でも地元の町内会ごとに模擬店を出し、地区内から多くの家族連れが訪れ賑わっていましたが、この地区の発展を物語っていたように思います。

ただ、空港関連で働く方の中には、ここ数年大きな波が押し寄せてきたいるようで、某航空会社の方との会話でも「かなりの人たちが転職したり勤務先が羽田へ移りました」と聞かされ、成田が直面している問題を突きつけられたような気がします。
様々なお話をさせていただきましたが、成田市の発展は未来永劫約束されているものではない事を肝に銘じ、政治活動を行う必要性を再認識しています。

|

« 300年以上の歴史を持つ六角堂が焼失 | トップページ | 今日も盆踊り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 航空会社勤務の方との会話から思う成田の現状:

« 300年以上の歴史を持つ六角堂が焼失 | トップページ | 今日も盆踊り »