« 本日 自民党会派へ | トップページ | 成田シニア 総会に出席 »

2011年8月26日 (金)

カジノ関連法案 議連が取りまとめ

今日の新聞記事によると、超党派の国会議員で組織する国際観光産業振興議員連盟が、カジノを合法化して整備するための基本的な法律を秋の臨時国会に提出する方針で、法案のとりまとめを行ったとありました。

この法律案によって、カジノが即国内につくれるという段階のものではなく、いわば「基本法」という位置づけだそうです。

千葉県では、成田空港周辺にカジノや国際会議場等の複合施設(MICE施設)の導入について今年度調査を実施しているところです。
しかし、現実的には国内に10カ所程度にカジノがつくられるという構想の中で、千葉県はその誘致体制に遅れていると感じています。

というのも、千葉県における盛り上がりには、”民”の後押しが弱く、また成田空港周辺と言われながらも成田市をはじめとする空港周辺自治体の千葉県とのカジノ誘致に関する連携が十分とは言えません。
成田市が「積極的でない」というようにも感じます。

千葉県の中には、「成田でなく是非我が地域にカジノを!」との声があります。千葉県が成田空港がある優位性を更に高めようと考えている中で、対象地域の中心である成田市がより具体的な議論し千葉県と連携をすべきではないのかと感じています。

見通しが不透明な時代、あらゆる可能性を求めて政策的な議論を活発にすることが必要であると考えています。

|

« 本日 自民党会派へ | トップページ | 成田シニア 総会に出席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カジノ関連法案 議連が取りまとめ:

« 本日 自民党会派へ | トップページ | 成田シニア 総会に出席 »