« 地元から瑞寶単光章 | トップページ | インターネット中継で市議会一般質問を見させていただきました »

2011年9月 5日 (月)

市内小学校での表土入れ替え 放射線量測定結果

成田市内の小中学校や幼稚園・保育園の放射線量について保護者を中心に不安が広がっていたところですが、豊住小学校の数値が毎時0.3マイクロシーベルトを超える値が示され、他の施設と比べて高い事がわかっています。

そこで、成田市では豊住小学校のグランドの表土を入れ替える事を決定したところです。

成田市の考え方によると、これまで豊住小学校で計測された最大の放射線量は、毎時0.32マイクロシーベルト。これを年間に換算すると、2,803.2マイクロシーベルト。(24時間365日の総量)
1日中その場所にいるわけではないので、この最大数値に低減係数を乗じると、約1,508マイクロシーベルト(1.508ミリシーベルト)となるそうです。
文部科学省からは「年間1ミリシーベルトに出来るだけ近づける」との見解から、今回の表土の入れ替えが決定しています。

ただ、成田市内の教育関連施設においては、豊住小学校で最大値を示していますが、周辺自治体では軒並みもっと高い数値を示している事実がありながら抜本的な手が打てない状況のようです。
財政豊かな成田市だからこそ、きめ細やかにかつ迅速に対応ができるという事を理解すべきと感じます。

|

« 地元から瑞寶単光章 | トップページ | インターネット中継で市議会一般質問を見させていただきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市内小学校での表土入れ替え 放射線量測定結果:

« 地元から瑞寶単光章 | トップページ | インターネット中継で市議会一般質問を見させていただきました »