« 陸前高田の松 成田山で「お焚き上げ」 そしてスポーツ広場について | トップページ | 政令市で30代の市長、議長 »

2011年9月26日 (月)

土地改良の重要性

今日は印旛郡市土地改良協会による「東日本大震災による被災個所の復旧及び国営基幹事業の進捗状況報告会」が成田市内のホテルで開催されました。

震災によって多くの農業施設、用排水路が損傷を受けました。既に国や県の補助の対象となったものもありますが、地元の土地改良区の負担で修復されているものも多くあります。
土地改良区は、基本的に受益者である農家の方々の賦課金によって運営されていますが、震災による修繕費について新たな負担となる事となり、大きな問題となっています。

農業の重要性については最近見直される機運も高まっているようですが、農家の方々の現状は未だ厳しく、国家として食料自給率向上を声高に唱えているのとの大きな差を感じています。

農業の生産性を高める目的で施された各地の土地改良事業も老朽化等の問題もあり、相当の財政支援が必要な状況となっています。
しかし、民主党政権が誕生して以来、土地改良関係の予算が大幅に削減され、現在では震災の影響もあって農業を取り巻く環境の厳しさを感じているところです。

今日の会議、そして懇親会の場には、他の県議会議員も多数参加されていましたので、連携しながら千葉県の農業の発展に繋がるように活動し、各土地改良区の現状についても認識を一層深めなければならないと感じました。

|

« 陸前高田の松 成田山で「お焚き上げ」 そしてスポーツ広場について | トップページ | 政令市で30代の市長、議長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土地改良の重要性:

« 陸前高田の松 成田山で「お焚き上げ」 そしてスポーツ広場について | トップページ | 政令市で30代の市長、議長 »