« 根本の議論を知るべき 騒音線引の調査で | トップページ | 今日明日は「お待夜祭」 »

2011年9月 2日 (金)

野田内閣について

夕方になって台風の影響が徐々になってきました。この週末は、伝統の「お待夜」と宗吾区の祭礼がありますので心配なところです。

さて、野田内閣が発足しました。
既に様々な意見があるところですが、私も財務大臣の安住氏が若干のサプライズ。これまでの経験などからすると、その手腕は未知数です。
野田総理が務めていた財務相の後任として自ら選んだわけですので、財政規律と震災復興や社会保障などの問題をどのように乗り越えてゆくのか注視しなければなりません。

また、外交の停滞をまねている現状において、玄葉外務大臣の責任も重いものがあります。
国民の期待を背負える内閣であるのかどうかというと疑問を感じるところもありますが、国家国民のために責任を果たしてもらわなければなりません。

今日はこの後、大学時代の友人のお父様がお亡くなりになり、お通夜に参列するため松戸市へ出かけますので短い内容で失礼します。

|

« 根本の議論を知るべき 騒音線引の調査で | トップページ | 今日明日は「お待夜祭」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野田内閣について:

« 根本の議論を知るべき 騒音線引の調査で | トップページ | 今日明日は「お待夜祭」 »