« 成田市職員逮捕に関連して | トップページ | 成田弦まつり1日目 »

2011年10月20日 (木)

パワーアップ!「30万回ビジョン検討プロジェクトチーム」

1  成田市議会は、本日職員の収賄容疑での逮捕を受けて全員協議会が開催され、特別委員会の設置の方向がけっていたとの事です。
市民の代表機関としてその機能が如何に果たされるのか議会の役割が重要な局面です。

さて千葉県では、昨年7月に「成田空港30万回ビジョン検討プロジェクトチーム」を立ち上げていましたが、この度改組する事として本日、「パワーアップ!30万回ビジョン検討プロジェクトチーム」を立ち上げたとの事です。
名称を見る限り、”パワーアップ!”という言葉の違いが見られますが、実態のある組織として成田空港を真にパワーアップ出来るように千葉県としてのリーダシップを期待したいところです。

今回改組された組織は、坂本副知事をトップとして以下3つの部会が設置されました。

  • 広域活性化部会
  • 情報発信部会
  • 国内線活用部会

2私が常々感じている事は、関係機関である国、千葉県、地元市町村、そしてNAAが密に連携しなければならないという事ですが、国においては既に軸足が羽田へシフトしている中で、千葉県が存在感を示して欲しいということです。
 

|

« 成田市職員逮捕に関連して | トップページ | 成田弦まつり1日目 »

コメント

県が成田空港を活用して行くという方針を出したことはいいことだと思います。

国内線については、成田空港の乗り継ぎ路線拡充が最重要事項ですので、維持のために国内線のみの利用者の呼び込みも大切です。
ただ、メインが国内線になってしまわないようにしてほしいです。
日本の玄関、アジアへのゲートウェイ、でも国内線も便利といった感じがいいと思います。

旭川線ですが、冬休みはそれなりに好調のようです。
冬休み以外でも搭乗率が伸びるように対策は必要かもしれませんが、成田空港の駐車料金が下がるなどプラス要素はいくつかあります。

和製LCCの参入は歓迎出来ることで、増枠の成果でもあり、注目されるきっかけにもなってると思います。
しかし、こちらも、成田空港はあくまでもレガシーがメインで、LCCは多方面に対応した空港を目指す一環でありすべてではないのには注意が必要です。
一部では、ビジネスは羽田、格安客は成田の流れになり、成田はLCCで生きていくしかないような報道がされていますが、成田のネットワークはレガシーが構築したものがメインであり、乗り継ぎ需要もそちらがメインです。

LCCは経費を削減するので、そればかりになると空港収入が減り、機能拡充や周辺対策に影響が出てしまいます。
成田空港でも、レガシーよりLCCを優遇しすぎないようにしているようです。

LCCの動きが活発ですが、その辺りに注意が必要です。


羽田国際化から一年ですので、羽田を持ち上げ成田をけなす報道が目立ちます。
30万回に増枠されたことで、スカイマークや国内新会社の乗り入れ議論が活発化したにもかかわらず、これは羽田に便が持ってかれて空いたからだという記事がありました。

数年のうち22万回から+8万回増えますが、乗り入れ議論は+8万回の成果では無いということです。
30万回の合意の成果をそのような言い方されるのは頭にきますね。

確かに日航の未使用枠を再配分という話もありましたが、これは羽田ではなく日航の路線再編が主因です。
これも、同時離陸に伴う15000回増でスカイマーク分は解決したのではないでしょうか?

アジアの競争に打ち勝つための羽田国際化と言われていましたが、最近は打倒成田になってしまっています。
成田のある千葉県民くらいは惑わされずに成田の実力を理解してほしいです。


深夜延長の必要性はいつも述べている通りですが、手遅れになってから動く地元自治体と言われないようにしてほしいです。
羽田は深夜限定というのが昼間も、という話になったので、昼間三万回分の時はどのような話が出てくるか心配なところがあります。
しかし、羽田の三万回増は管制の習熟が必要という話ですので、もしかしたら遅れるかもしれません。
成田の拡大が予定通りにいくのは確実ですので、その間に差をつけていくべきです。

実際、貨物は成田の機能が充実していて、羽田は苦戦しています。
差をつけることはとても大事です。

羽田は、昼間増枠の後にもターミナル拡張、ホテル整備、滑走路延伸、更なる発着枠拡大へ向けた取り組みなどが言われています。

一方の成田は、30万回以降は打ち止め、深夜延長も反対ばかりで無理、結局危機感が無い。
などと一部で言われていますが、そうではないことを示すべきです。

よろしくお願いします。

投稿: 地元民 | 2011年10月22日 (土) 05時32分

成田空港はショッピングセンターとしての売上は日本一だそうです。
こちらもプラス要素として出していくといいと思います。


成田空港の天浪三角地のまだ生きている資料や計画など、どこかで見られる場所はないでしょうか?
あの場所は、スポットになるのでしょうか?

投稿: 地元民 | 2011年10月22日 (土) 05時39分

いつもありがとうございます。
スカイマーク社がいよいよ就航し、テレビ等でも大きく報道してくれましたので今後の搭乗率が向上する事を期待したいと思います。
おっしゃる通り、冬休みの予約は堅調で一安心していますが、利便性が高くなっている成田空港をもっとアピールしていかなければならないと思います。

三角地についてのお問い合わせ、先日ブログにも書きましたが、NAAが貨物地区として整備する予定で、その内の10haはすでに譲渡済みです。
残りの用地については、一部一坪用地で未買収が残っていますので、譲渡するまでには少し時間をかけなければならないと認識しています。

投稿: 小池まさあき | 2011年10月31日 (月) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パワーアップ!「30万回ビジョン検討プロジェクトチーム」:

« 成田市職員逮捕に関連して | トップページ | 成田弦まつり1日目 »