« 小御門神社 祈祷殿・参集殿が竣工 | トップページ | 県議会は一般質問が終了 委員会日程に移ります »

2011年10月 4日 (火)

新たな成田の国内線 驚きの安さですので是非ご利用を!

はだんか週が明けて、昨日そして今日も本会議が続いています。
ちなみに、一般質問の日程は明日までとなります。

今日は今期初当選した超党派の議員の意見交換会が予定されていましたが、空港北側のまさに騒音直下の地域の行事があったため本会議終了後地元成田に戻りました。

この騒音直下の地域には、昨年の成田空港発着容量30万回合意に向けたまさに大詰めの段階で市議会を代表する立場としてお邪魔して以来、ちょうど1年ぶりに伺いました。

1年前には様々な不満の声も頂きましたが、空港容量拡大が徐々に図られている事、特に国内線の充実が図られることに対して、直接的にも間接的にも地域にとって無くてはならない空港であるという意識も再認識されてきている事を感じました。

そこで私が気になっているのが、10月30日から新たに就航するスカイマークの成田-新千歳、旭川便の予約状況。
最低運賃は何と片道980円。そして、こちらも座席数限定ですが3,800円、5,800円、7,800円と驚きの安い運賃が設定されています。
いよいよ成田からの国内線の充実が図られるという段階ですが、スカイマーク社のHPで見る限り、予約状況は決して盛況と入ってないように思います。

森田知事も成田発旭川線の1番機の登場してトップセールスを行う事を紹介しましたが、航空会社が継続して路線を維持するには当然に採算面が重要となり、過去のような赤字路線を地域のために維持するという事は考えられません。

是非多くの方々に新たな国内線2路線のコストパフォーマンスを知っていただき、利用の促進を促したいと思います。
スカイマーク社のHP

話は変わりますが、今日は娘の5回目の誕生日。
バースディケーキでのお祝いを私の帰宅まで待ってくれてことに感謝です。

|

« 小御門神社 祈祷殿・参集殿が竣工 | トップページ | 県議会は一般質問が終了 委員会日程に移ります »

コメント

補償以外についての恩恵が理解され始めているとしたら大きな前進だと思います。
補償も大切だと思いますが、個人・世帯単位で行うとどうしても恩恵の範囲が限定されてしまいます。
そうなるともらえた人はよくてももらえない人は不満なままになります。
よく言われる道路を隔てた場所で補償が違うというのもその一つだと思います。

しかし、空港発展にともなう恩恵の場合、例えば国内線やショッピングモールの場合では、道路隔てて内容が違うといった個別の偏りも無く、発展と地域対策が同時に行えるという利点があります。
こういう形が理想なのかもしれません。

この調子でさらなる理解が進むよう願っております。

国内線ですが、沖縄はとても待ち遠しです。
旭川路線も話題の旭山動物園もあり観光としても魅力がありますが、一日3便になるそうで搭乗率が少し気になります。
ただ、路線が増えたことはとても喜ばしいことです。
国内線は宣伝もどんどんやっていいと思います。


最後に、遅くなりましたが誕生日おめでとうございますm(__)m

投稿: 地元民 | 2011年10月 6日 (木) 01時00分

国内線の充実は地域にとっても本当にうれしい事です。
ただ、今後は搭乗率が低く不採算となると、減便や撤退という判断にもなりかねませんので、地域をあげての様々な応援体制も欠かせないと思います。

さて、昨年の30万回合意時に約束した”防音工事の拡充”という内容があるのですが、その作業の進捗が芳しくありません。
実際には平成25年度以降に実施するという当初の予定ですが、住民の方々にすると30万回合意から既に1年、ほとんど情報が伝わらない事に不信が芽生えてきている部分もあります。

空港の発展には騒音下住民の理解がなくてはなりません。
行政が、NAAが協力して物事に当たってもらえるように調整したいと思います。

投稿: 小池まさあき | 2011年10月 6日 (木) 07時50分

国内線は搭乗率がどうなるか気になるところです。
特に旭川は未知の領域です。
今後も予定では、福岡・出雲・高松等と続くようですが、既存路線以外の成果はやってみないばかりはわからないですね。

成田に国内線が少ないから仁川にという話でしたが、実際には成田に直行便の無い空港から仁川経由で行く旅客は全体でも20万いかないという話です。
乗り継ぎ需要だけでは難しいのかもしれません。
神戸もまだ計画はあるそうです。


騒音対策ですが、成田市や芝山町のサイトにはリンクがありました。
それによると対象地域の住民は市役所・町役場に申請という話でした。
情報は出てるようです。
ただ、騒音地区の住民の人はネットをやらない人も多いかもしれないので、配布物などで知らせることは必要かもしれませんね。
一度窓口に確認してもらうといいと思います。

騒音対策を巡る議論では、30万回は当初15度ずらす予定でしたが、平行離陸が可能になったことで、移転を狙っていたのに現状のままという人達や、後から引っ越してきた人達への対応といったことが揉めているように感じます。

後者の場合、危険への接近の法理というのを確認すれば対応しやすいかもしれません。

投稿: 地元民 | 2011年10月 6日 (木) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たな成田の国内線 驚きの安さですので是非ご利用を!:

« 小御門神社 祈祷殿・参集殿が竣工 | トップページ | 県議会は一般質問が終了 委員会日程に移ります »