« 「県の仕事が見えいない」とのご意見を重く受け止めます | トップページ | 各行事に出席させていただいた勤労感謝の日です »

2011年11月21日 (月)

八ッ場ダム「継続することが妥当」幹事会が示す

今日は主に県庁で12月定例会に向けての打ち合わせなどを行いました。
12月議会では初めての一般質問を予定していますが、自分なりに考えていた想定の質問と執行部の考え方、特に県としての行政範囲との整合が必要であると感じています。

県議会では、市町村行政よりも広い範囲の議論が出来る部分もありますが、一方で市町村により近い内容については当然に議論の余地がないものもあります。
正直なところ、未だに頭の構造が市レベルに留まってしまっている様な所もあるのかと自分なりに今日の1日を振り返ったところです。

さて、「八ッ場ダム」についてですが、本日「関係地方公共団体からなる検討の場」の幹事会が開催され、今後の対応方針の原案として幹事会としては、「八ッ場ダム建設事業については継続することが妥当であると考えられる」との意見を示したとの事です。
最終的には、国土交通省において事業評価監視委員会の意見聴取、有識者会議を経て国交大臣が最終決定する事となります。
政権交代から未だに方針が決まらない「八ッ場ダム」ですが、関係の深い千葉県としてその動向を注視しています。

|

« 「県の仕事が見えいない」とのご意見を重く受け止めます | トップページ | 各行事に出席させていただいた勤労感謝の日です »

コメント

元凶の大臣はいつも口だけの人ですね。
成田についても当時は成田経由の方が多かったのにも関わらず、仁川に取られてるなどという間違った認識で発言していました。
本人は成田ではなくわざわざ仁川を使うという酷さです。

投稿: 地元民 | 2011年11月23日 (水) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ッ場ダム「継続することが妥当」幹事会が示す:

« 「県の仕事が見えいない」とのご意見を重く受け止めます | トップページ | 各行事に出席させていただいた勤労感謝の日です »