« 久しぶりに風邪を引いてしまいました | トップページ | 地芝居サミットin成田 »

2011年11月 4日 (金)

県内被災地視察と道路の要望を受けました

20111104_103422 今日は自民党千葉県連の青年局による視察がありました。
視察先は、震災と津波による大きな影響を受けた旭市、香取市、浦安市です。

このうち、私は日中に県庁で道路関係の要望を受ける予定があったため、旭市での視察に自宅から直接向かいました。
はじめは、いいおかふれあいスポーツ公園内に建設されている150戸の応急仮設住宅。
震災発生から間もなく8カ月となりますが、空きは6戸のみでした。

震災発生後千葉県では、香取市に30戸と旭市に200戸の計230戸の仮設住宅を建設するとして3月30日に業者とリース契約を11億9千万円で締結。直後から工事が始まり5月中旬に入居が可能となりました。
現在のところ仮設住宅自体の契約は2年間で締結されていますが、入居者の生活再建がこの間に順調に進むかどうかは不透明です。
更に、高齢者も多く入居していることなどから様々なサービスが必要となってきているようでした。
今後も千葉県が地元自治体との連携を密にして対策を行って行く必要があります。

20111104_111831 その後場所を移動して、5カ月ぶりに飯岡漁港と直接津波の被害を受けた飯岡地区を視察。漁港については浚渫など復旧が進んでいましたが、飯岡地区については未だに津波の爪痕がそのまま残っている状態でした。
ただ、説明によると家を流された方々の多くが元の場所での再建を望んでいるとの事で、行政として今後の津波対策を早期に施す必要性に迫られていると感じたところです。

旭市の視察を終えてからは視察団と別れ、一路千葉県庁に向かい県道と国道に関する地元市町からの要望を受けました。
要望を受けた3つの道路はどれも成田にとって重要な路線でしたので、早期に要望が実現するように努力しなければなりませんが、かつての道路予算900億円の3分の1しかない現在の中で快い対応が出来ないというのが心苦しいところです。
しかし、特に成田空港周辺の道路ネットワークは、成田地域のみならず千葉県全体の発展にも寄与することから今後も私なりに鋭意努力して行きたいと考えています。

|

« 久しぶりに風邪を引いてしまいました | トップページ | 地芝居サミットin成田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県内被災地視察と道路の要望を受けました:

« 久しぶりに風邪を引いてしまいました | トップページ | 地芝居サミットin成田 »