« 成田市表彰式そして成田市議会の特別委員会 | トップページ | 通学路の安全確保のための地元要望に参加 »

2011年11月16日 (水)

成田市の指定管理者制度 雇用確保に努めるべき

今日は今月25日から始まる県議会定例会を前にしての自民党議員総会が開催され、提案される予定の議案の概略などの説明を受けました。
現在自民党会派の一般質問は、代表質問者が1名を除いて13名の枠があります。
12月議会では、私も一般質問に登壇する予定となっており、その内容などについて準備を進めているところです。

さて、午前10時過ぎに千葉市内に入ると複数のヘリコプターの騒音が気になりました。
”平常ではない”と感じましたが、その答えは”バスジャック”。
県庁内もその情報で慌ただしさがあったようですが、自民党総会開始直前には犯人が拘束されたとの情報が伝わり安堵したところです。

議案内容に移りますが、県有施設の指定管理契約が多くありました。
各自治体とも指定管理制度を活用して直営施設の管理運営などを民間企業等へ委託していますが、私の地元成田市でも同様に制度を活用しています。
その中で中台運動公園等の公園施設は開発協会、成田国際文化会館は教育財団が長年にわたり良好な管理と運営を行ってきました。
この二つの団体は、成田市が自ら目的を持って設立し職員を採用しました。

しかし、来年度からはこの2つの団体も例外ではなくそれぞれの施設について、指定管理者の公募が行われたとの事です。
結果についての公表は避けますが、行政としては両団体ともに職員が存在している現実を重く受け止め、他の企業等に代わる場合には雇用の問題などについて慎重な対応をお願いしたいところで、仕事や生活への不安などを解消するように努力して欲しいと思います。

|

« 成田市表彰式そして成田市議会の特別委員会 | トップページ | 通学路の安全確保のための地元要望に参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田市の指定管理者制度 雇用確保に努めるべき:

« 成田市表彰式そして成田市議会の特別委員会 | トップページ | 通学路の安全確保のための地元要望に参加 »