« 幕張メッセの稼働率は34% | トップページ | 安心安全で美味しい千葉のブランド豚肉 »

2011年12月 6日 (火)

空港の更なる充実発展には周辺住民の理解が必要です

県議会は一般質問が続いています。今日も午前に2人、午後3人が登壇しました。

同僚の山武郡選出の実川議員の質問で、成田空港関連が取り上げられましたが、騒音地域の実情や課題について触れていました。
その中で、空港の発着枠30万回の合意に至る過程の中で住民の皆さんと様々な議論をした訳ですが、「防音工事の恒久化」についても取り組む事としていました。
しかし「防音工事の恒久化」を行うには、実施主体となるべき「共生財団」の存続が必要となり何よりその財源が必要となります。

今日の質疑では、「今年度中に方向付けが出来る」との内容の答弁がありましたので、県がかかわる大きな内容の一つがようやく動き出すものと思います。
しかし、その他の市町が主体となって取り組むものなどの進捗の遅れもありますので、関係機関との連絡調整を図りながら進めてもらいたいと思います。

成田空港の更なる充実発展は地域の理解がないと進まず、千葉県そのものの発展もありません。
その事を関係行政機関とNAA、更に地元住民のみならず広く県民の皆様にもご理解をいただきたいと思います。

|

« 幕張メッセの稼働率は34% | トップページ | 安心安全で美味しい千葉のブランド豚肉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空港の更なる充実発展には周辺住民の理解が必要です:

« 幕張メッセの稼働率は34% | トップページ | 安心安全で美味しい千葉のブランド豚肉 »