« 八ツ場ダム 政治判断で苦悩する地元の存在を忘れてはならない | トップページ | 騒音の影響を受ける地域の苦悩 »

2011年12月17日 (土)

今日はサンタクロース

いよいよ冬本番の寒さを感じるようになってきました。
風邪を引かないように乗り切りたいと思います。

さて、今日は私が理事長を務める保育園の「おゆうぎ会」。
三里塚コミュニティーセンターをお借りして、午前に三里塚第一保育園、午後から第二保育園のおゆうぎ会が開催されました。

__ 午後の最後にはサンタクロースを演じました。
自分では成りきっているつもりですが、年長の子供たちは騙せないようです。
しかし、家に帰って年中の娘が「今日は本物のサンタさんが来た」と言ってくれた言葉に救われた思いです。

夜には三里塚第一保育園の園長が県内で10人の保育士賞(ルビー賞)を受賞したお祝いを行いました。
この賞は、長年児童保育に貢献した保育士に贈られるものですが、単なる年数ではなくその実績が問われるため、ほんの一握りの保育士のみしか受賞できません。
我が保育園では、過去に1名そして今回1名で計2名の受賞者となりました。
保育環境も年々変化を求められて来ていますので、ニーズに応えるためにも職員と共に努力をしていきたいと思います。

|

« 八ツ場ダム 政治判断で苦悩する地元の存在を忘れてはならない | トップページ | 騒音の影響を受ける地域の苦悩 »

コメント

未来の日本を担っていってくれる子供たちにとって今必要なものは、「愛をたくさんもらい、夢をたくさんもつこと」
サンタさんの想い出はしっかりと心に刻み込まれていくと思います。
サンタさんが本当にいると信じることのできる気持ちを心に持てたことが最高のプレゼントなのだと思います。
今週末あたりに、心の中に本当のサンタさんが現れるかもしれませんね。
いいお話ありがとうございました。

投稿: 愛葉常二 | 2011年12月19日 (月) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日はサンタクロース:

« 八ツ場ダム 政治判断で苦悩する地元の存在を忘れてはならない | トップページ | 騒音の影響を受ける地域の苦悩 »