« 医師、看護師不足 真剣に取り組む必要があります | トップページ | 農協芦田支部新年会に出席 成田空港移転対象地区の現実 »

2012年1月21日 (土)

秋入学議論について

現在午前8時10分。今日は朝方時間に余裕が出たため、新聞記事で感じた内容について書き込みたいと思います。

内容は「大学の秋入学」。大学の国際競争力の低下が指摘される中で、東京大学が5年後の実施を目指す事を表明しましたが、その後主要な大学も随する動きが見られる一方で、慎重な意見も出始めています。

日本の社会は原則的に4月始まりの”年度”で制度化せれているため、仮に大学の秋入学が進むと様々な変化が出てくるものと思います。と言うよりもむしろ変化への対応に迫られるといた方が適切かもしれません。

企業の場合には、比較的に柔軟に対応し、人材確保を優先する場合には秋に新規採用を行うという事も考えられますが、問題は”官”。職員採用や国家試験の時期、資格取得に義務付けられる実習制度などの設定も課題となってくると考えられます。

しかし今回の議論によって「抜本的な見直しを行う機会」となった事は間違いないと思います。
日本が日本としての伝統を守りながら国際社会で勝てる国家であり続けるための議論が進むことに期待しています。

さて今日はこの後、毎年恒例の池坊成田市支部の初生け式に出席する予定です。

|

« 医師、看護師不足 真剣に取り組む必要があります | トップページ | 農協芦田支部新年会に出席 成田空港移転対象地区の現実 »

コメント

これから三年の間に全世界が大きく変わっていく転換期になると云われています。
それは日本だけの問題ではなく、ある分野においては先導していくような事柄も、また別の事柄については潮流に乗りおくれてしまうと取り返しのつかなくなることもあります。
現在世界の潮流から立ち遅れている事は日本再興の一部ととらえて、スピードをようする事は、議論を尽くすにしても可及的速やかな判断を要することもあるでしょう。
良いことは躊躇せずスピード感をもって推進していかなくては世界から取り残されていってしまうということです。

投稿: 愛葉常二 | 2012年1月21日 (土) 17時43分

小池まさあきです。
人口減少時代に入り、更に国内は空洞化の恐れ。確かに世界の潮流に乗る必要があると思います。
しかし一方で、日本として”筋”も重要であると考えています。
いずれにしても、秋入学は社会、経済、そして官民に影響を与える内容となる事だと想像しています。

投稿: 小池まさあき | 2012年1月24日 (火) 09時16分

excellent points altogether, you simply gained a new reader. What would you suggest about your post that you made a few days ago? Any positive?

投稿: htc sync | 2012年1月27日 (金) 04時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋入学議論について:

« 医師、看護師不足 真剣に取り組む必要があります | トップページ | 農協芦田支部新年会に出席 成田空港移転対象地区の現実 »