« 千葉日報社主催の賀詞交歓会 | トップページ | 各種団体の動きが始動しています »

2012年1月 6日 (金)

先月お知らせした医科大学誘致促進議員連盟について

昨年12月、千葉県議会内に「医科大学誘致促進議員連盟」が立ちあげられる事となったとご報告しましたが、実は今現在組織されるに至っていません。
新聞報道でもありましたが、「自民党内の調整」が済んでいないためです。

全国都道府県の中で人口当たりの医師数が下から3番目、医学部は県内に一つという最低レベルの環境を脱すべきとの意見が県議会でも大勢を占める中、超党派で議連が発足する予定でした。
今後どのようになるのか不透明ですが、千葉県議会として医科系大学誘致を推進する意思表示は必要であると考えています。

そしてメディカルツーリズムや海外との人材交流などを考えても成田空港との距離感を考慮に入れるべきではないかと考え、また小泉成田市長も公約として医科系大学誘致を掲げていることから、私としても積極的に議論に参加したいと考えているところです。

|

« 千葉日報社主催の賀詞交歓会 | トップページ | 各種団体の動きが始動しています »

コメント

誘致の一番の障害は議員同士の誘致合戦では無いでしょうか。
調節しつつ内部での対立を防ぐことが効率化に繋がると思います。

投稿: 地元民 | 2012年1月11日 (水) 21時01分

小池まさあきです。
医科系大学の誘致となると千葉県内で可能性が出てくるのは限られてくるものと思います。
特に地元負担を求められる可能性があるため、財政的な問題が高いハードルとなるのではないかと想像しています。
一方、メディカルスクールとなると既に大規模病院が存在している事が有利となるため、千葉県内では複数の場所が挙げられます。
最終的に誘致合戦となるかどうかは分かりませんが、成田としては国際的な視野に立っての優位性を表に出して取り組むべきと考えています。

投稿: 小池まさあき | 2012年1月16日 (月) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先月お知らせした医科大学誘致促進議員連盟について:

« 千葉日報社主催の賀詞交歓会 | トップページ | 各種団体の動きが始動しています »