« JR成田駅前再開発事業に対する監査請求は棄却 住民訴訟へ | トップページ | 今日はお正月らしく過ごさせていただきました »

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

平成24年という新年を迎えることができました。
しかし、昨年発生した震災と原発事故、また災害等によって未だに生活に困難をきたす方々がいる事実を思うとき、複雑な思いがするのも事実です。
年末にある方と意見交換した際に出た次の二つの言葉が印象に残っています。

「日本の再生は東北の再生無くして達成できない」
「震災復興に対する継続的な国民的支援を如何に継続させられるかを考えてほしい」

政治に携わる者としてこの新たな年が、県民・市民の皆様にとってそして日本全体にとってより良い1年になって欲しいと願うものであり、18年目となる政治活動を充実したものとするべく努力してまりたいと思います。

2 さて、元日の今日は恒例となった成田空港の航空安全祈願祭に観光協会の一員として参加させていただきました。
小泉市長、森中NAA社長共にそのご挨拶の中で、震災や原発事故による運用の落ち込みが回復し空港と地域が共に発展する1年であって欲しいとの共通の内容がありました。
出席した空港関係者、地元関係者共に思いを共有していたように思います。

空港を後にしてからは、船形麻賀多神社の歳旦祭に出席させていただきました。
氏子役員の皆さんの日ごろのご尽力もあって、広い境内の隅々まで清掃が行き届き参拝に訪れる方々も気持ちのよい元旦を迎えられていたように思います。
1ちなみに写真ですが、私が自ら写真を撮っていると小泉市長が「ブログに使うんだろうから自分も入ったほうがいいよ」と撮ってくれたものです。
私は確かに撮れていますが、左上に市長の指も一緒に映っています。

20120101_131024 その後、数カ所挨拶を済ませた後、お昼前に自宅に戻りました。
しばらくして恒例の地元天神囃子会の獅子舞が今年も来てくれました。
私にとってこの獅子舞を自宅で迎えることで新年を迎えた実感を覚えます。

例年であれば元日の今日、成田山へ家族そろって参拝するところですが、娘が3日前から発熱。そして今日も相変わらず熱が下がらないため家族そろっての初詣は娘の体調が回復次第となる見込みです。

|

« JR成田駅前再開発事業に対する監査請求は棄却 住民訴訟へ | トップページ | 今日はお正月らしく過ごさせていただきました »

コメント

明けましておめでとうございます。
今年は成田空港の更なる飛躍の年になりますよう願っております。

投稿: 地元民 | 2012年1月11日 (水) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年:

« JR成田駅前再開発事業に対する監査請求は棄却 住民訴訟へ | トップページ | 今日はお正月らしく過ごさせていただきました »