« 消防団員不足は大きな問題 | トップページ | 予算委員会2日目が終了 »

2012年3月 5日 (月)

県内ご当地キャラクターは35を数えます

千葉県議会は今日から3日間予算委員会が開催されています。ちなみに千葉テレビにて放映されていて、私は7日(水)の13:00からです。

県議会の予算委員会は国会の予算委員会と似ていて新鮮です。
先輩同僚議員の質疑は、新たな情報や知識を積み重ねる事が出来て私のとって貴重です。
今日もそのように思う部分が多くありました。

逆に明後日の自分の出番を迎えるにあたり、少し緊張感を覚えるようになってきたところです。
これまで市議会の時には、予算や決算審査の際に原稿をつくる作業などした事もありませんでしたが、持ち時間の制限がある中では少し整理しておく必要があるのかと感じたところです。

さて、表題の件ですが、千葉県では「チーバくん」、そして私の地元は「うなりくん」とそして全国でもご当地キャラクターが多く誕生して来ました。
千葉県内だけでもその数現在35体。

随分と広がってきたご当地キャラクターです。
この流行が今後どのような方向に向かって行くのか想像がつきませんが、先進事例の取り組みを追随する地方自治体らしい傾向と言えます。

|

« 消防団員不足は大きな問題 | トップページ | 予算委員会2日目が終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県内ご当地キャラクターは35を数えます:

« 消防団員不足は大きな問題 | トップページ | 予算委員会2日目が終了 »