« いたずらの110番通報は検挙されます | トップページ | 真の国家システムの変革を目指さなければなりません »

2012年3月 2日 (金)

議会としての在り方

議会は休会日でしたが、午前中は急きょ県庁で打ち合わせを行いました。

私の持つ政策的な考えと執行部が持つものとは当然に違います。
しかし、県庁の職員の方々と接すると県庁の物の考え方が正しいという姿勢を強く示してきます。
当然なのかもしれませんが、時には「解らないで何言っているんだ」みたいなところもあるように感じる昨今です。

議会としての権能をどのように果たすか、今の時代に即した議員がどうあるべきかを考えながら活動させている中で、県庁執行部と議会側の関係についても時に自問自答してしまう場面もあります。

市議会当時に議会の改革の必要性を訴え活動して頃の思いは強く持ちながら、県庁と言う大きな組織の現状も理解しなければならないのかと考える昨今です。

|

« いたずらの110番通報は検挙されます | トップページ | 真の国家システムの変革を目指さなければなりません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議会としての在り方:

« いたずらの110番通報は検挙されます | トップページ | 真の国家システムの変革を目指さなければなりません »