« 放射性物質の新基準で影響が出てきます | トップページ | まさに年度末 »

2012年3月29日 (木)

千葉県 新エネルギー重点支援プロジェクトを決定

千葉県では、「新エネルギーの導入・既存エネルギーの高度利用に係る当面の推進方策」を策定し、民間事業者や自治体などから提案された32件のプロジェクトの中から当面の重点支援プロジェクトを選定したとの事です。

今回は、計画熟度が高く先導性が高い5件が重点支援プロジェクトに選定されましたが、今後公有地や二次利用可能な民有地を活用した事業についても関係市町村と連携し利用促進方策の検討い、支援を行う事によって県内で約10MWの新たな事業展開が見込まれ、将来的には合計100MW規模へと拡大することが期待されています。

ちなみに今回選定された5件の重点支援プロジェクトは、4件が株式会社の提案で太陽光発電、1件が自治体(大多喜町)の提案で小水力発電です。なお、この5件の合計出力は約7.5MWです。

ポテンシャルの高い公有地としては、成田スカイアクセス沿線の公有地が挙げられ、また民有地としては富津市の浅間山砂利採取跡地約200haについて地元市による検討を支援して行くとの事です。

今日は以上、県からの報告についての書き込みで失礼します。

|

« 放射性物質の新基準で影響が出てきます | トップページ | まさに年度末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県 新エネルギー重点支援プロジェクトを決定:

« 放射性物質の新基準で影響が出てきます | トップページ | まさに年度末 »