« 企業の羽田シフト鮮明 | トップページ | 神崎町に人が押し寄せていました 酒蔵まつり2012 »

2012年3月17日 (土)

スマートシティについて

今日は出入りこそあったものの、比較的事務作業に時間を費やすことができました。とは言ってもたまっていた資料などに目を通すことが主で、政策的発想を養うには程遠い1日であったと思います。

しかし、午後からの1件の打ち合わせでは、スマートシティについて様々な情報をいただくことができました。

「スマートシティ」という言葉。聞いたことがある方も多いと思いますが、既に世界では大小様々な実証実験が始まっています。
簡単に言えば、「最新の技術によってエネルギー効率を高めて省資源化を図り、環境配慮型の都市をつくる」というものです。これによって”持続可能”な都市を実現するということになります。
日本国内でも横浜市、豊田市、京都府などで先行した取り組みが実践されつつありますが、電力の問題などが改めて認識された震災後、特に注目されているまちづくり手法です。

実は千葉県内でも既に幾つかの動きが具体化してきているところもあり、総合特区制度を利用した柏市の取り組みは表面化した事例として広く認知されています。

最終的には、「都市」が今後も持続的に維持発展するためにどのような政策を立案し実行してゆくのかがカギとなるわけですが、世界においてそして日本各地でも切り口は違うものの「スマートシティ」構想が着実に進んでいる事を理解しなければならないと感じています。

自治体の独自性を打ち出して急速に変化する社会経済情勢に対応できるまちづくりを志向しなければならないと考えています。

|

« 企業の羽田シフト鮮明 | トップページ | 神崎町に人が押し寄せていました 酒蔵まつり2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマートシティについて:

« 企業の羽田シフト鮮明 | トップページ | 神崎町に人が押し寄せていました 酒蔵まつり2012 »