« 出荷制限と出荷自粛の違い | トップページ | 成田ーボストン就航、大須賀大神祭礼、そしてJR関係者と »

2012年4月21日 (土)

ボランティア連絡協議会は20周年

今日は、ちば自民党青年局による街頭演説会が行われました。
まず始まりはJR津田沼駅南口。
地元習志野市選出の佐藤、村上県議に続いて、次期衆院選を目指す千葉2区の小林鷹之支部長も参加しての街頭演説となりました。
所要のため津田沼での街頭演説のみ参加の私にも演説の機会をいただきました。
学生時代はよく訪れた津田沼で、懐かしさを覚えながらも国政については憲法改正の必要性、県政については人口減少時代への対応についてお話をさせていただきました。

津田沼から地元成田に戻っては、成田市役所で開催された成田市ボランティア連絡協議会の総会、そして2時から設立20周年記念コンサートに出席させていただきました。
成田市のボランティア連絡協議会は、平成4年5月の設立。
全国でボランティア活動の重要性が広く認識されたのが平成7年1月17日に発生した阪神淡路大震災ですので、成田市での積極的な取り組みはそれ以前からということになります。

結果として、平成23年10月現在で83グループが協議会に登録して積極的な活動を行い、各グループ間相互の連絡調整などをこの協議会が担っています。
今後も市民の皆さんの様々な活動が積極的に行われることで、成田市発展の原動力となって欲しいとの思いを持ちました。

20120421_142311 午後2時からは、記念コンサート。次の予定のため第1部のみの鑑賞となりましたが、久しぶりに素晴らしい音楽を聴くことができたことに感謝しています。

|

« 出荷制限と出荷自粛の違い | トップページ | 成田ーボストン就航、大須賀大神祭礼、そしてJR関係者と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア連絡協議会は20周年:

« 出荷制限と出荷自粛の違い | トップページ | 成田ーボストン就航、大須賀大神祭礼、そしてJR関係者と »