« 衆院選は秋? | トップページ | 千葉県、環境大臣通知を受けてがれき受け入れ検討を見合わせ »

2012年7月10日 (火)

がん対策推進条例PT 視察

昨日と今日は、自民党のがん対策推進条例プロジェクトチームの視察のため1泊2日で大阪府庁と鳥取県庁を視察しました。
我が国の死因第1位である”がん”に対して、国では平成18年にがん対策基本法が制定され、これを受けてがん対策推進基本計画が策定されました。
そして都道府県では、法律の制定を受けてがん対策基本計画が策定され、千葉県でも平成20年3月に「千葉県がん対策推進計画」が策定されています。

ちば自民党では、都道府県レベルでがん対策推進条例の制定が進んでいるなど他県の取り組み状況を踏まえ、議員提案での条例制定を目指しプロジェクトチームを発足させ活動しています。

今回の視察で、大阪府、鳥取県共に議員提案での条例が制定されていますが、施策を実施する行政側の取り組みに差があったように感じました。
私見ですが、鳥取県では議会側と行政側の意思疎通が図られながら条例づくりが進行し、その後も県として具体的な予算措置などが行われています。

一方、大阪府においては個別のがんを条例に明記するなど特徴を見ることができますが、行政側の取り組み状況は条例の制定前と後において大きな変化が見られないと感じました。
これは、大阪維新の会の存在など府政の変動が大きく影響している模様で、議会側主導の条例制定に対して執行部が距離感を持っているとも受け止められるものでした。

今後千葉県においては、安定多数を持つ自民党が条例作成から提案を行う予定ですので、執行部との連絡調整も良好に進むものと思います。
単に条例制定が目的ではない今回の活動ですので、関係機関、団体の意見も取り入れながら実効性のある条例が制定できるように活動して参りたいと思います。

|

« 衆院選は秋? | トップページ | 千葉県、環境大臣通知を受けてがれき受け入れ検討を見合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がん対策推進条例PT 視察:

« 衆院選は秋? | トップページ | 千葉県、環境大臣通知を受けてがれき受け入れ検討を見合わせ »