« 南海トラフ巨大地震で館山の津波高最高11mと推計 | トップページ | 県経済について意見交換 »

2012年9月 5日 (水)

「成田空港活用協議会」来年設立へ

今日は千葉市内で、第5回グレード・アップ「ナリタ」活用戦略会議が開催されました。

この会議については何度も触れてきましたが、改めてその目的とは、「成田空港を活用した県経済の活性化と空港の利用促進について、官民一体となって検討し、各方面への提言を取りまとめる」というものです。
これまで会を重ね今日の第5回で「成田空港を活用した経済活性化戦略」という提言が行われました。

提言の内容は以下の4つの戦略に分類されています。
戦略1 「30万回化で拡大する人・物・財の流れを活かす」
戦略2 「県内外と成田のスムーズな人・物の流れを強化する」
戦略3 「成田空港をはじめとした千葉県の様々な「宝」を積極的に発信する」
戦略4 「成田空港の活用に向けて総合的に取り組む」

この中で戦略4において、(仮称)「成田空港活用協議会」を来年上期を目途に設立するとし、この秋にも設立準備会を立ち上げるとしています。
既に国内の多くの空港では、空港を地域経済の核と位置付け経済界などを巻き込んだ官民一体の組織が存在しますが、成田空港としても羽田の本格的な再国際化を目の当たりにしてようやくといったところです。
今後各方面の方々がこの新たな組織に参加していただき、成田空港の戦略的活用が進む事を期待したいと思います。

圏央道に大きな期待
さて、今日の会議の中で参加メンバーから多くの意見がありましたが、私なりに感じたのは「圏央道」の早期開通が強く望まれているという事です。
個人的には、圏央道に加えて北千葉道路もという思いを持ちますが、現状の進捗から言っても圏央道の早期開通が現実的です。
北関東方面とのアクセスが飛躍的に向上するという意識が共通化されている事を実感しました。
茨城県内の稲敷ICから大栄JCTまでは、千葉県側で用地買収が難航しているために来年4月の開通予定が先延ばされ、現在のところ具体的な開通時期が設定されていませんが、千葉県、そして成田空港にとって非常に重要な道路網となることから今後も出来る限りの早期開通を訴えて参りたいと思います。

アジアデスク
また、商工会議所連合会の石井会長からは、これからのアジア戦略を見据えて商議所内に「アジアデスク」を設置したとのお話もありました。
アジアとの重要な結節点である成田空港が”千葉”にあるという事をもっと活用して行くべきとの思いも述べられていました。

検問体制の緩和
それから複数の方からご意見のあった内容として、空港入場の際の検問の簡素化です。
提言の中でも入場者の快適性向上や待ち時間短縮を図る必要があるとして、検問の”ノンストップゲート化”が明記されました。
これについては既に県警でも検討が進んでいるとの事で、具体的な動きになりつつあります。

現状の成田国際空港は、日本を代表する国際空港でありながらその施設機能共に世界をリードする空港との比較において劣る部分が多くあると思います。
しかし、千葉県がそして周辺地域がこの空港を「宝」として活用し、不断の努力をして行かなければなりません。
私も世界に冠たる成田空港の地位が築けるように努力してまいります。

|

« 南海トラフ巨大地震で館山の津波高最高11mと推計 | トップページ | 県経済について意見交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「成田空港活用協議会」来年設立へ:

« 南海トラフ巨大地震で館山の津波高最高11mと推計 | トップページ | 県経済について意見交換 »