« 小学校運動会、そして「ナリフェス」 | トップページ | 羽田の国際線拡充は、まさに「蟻の一穴」 »

2012年9月17日 (月)

成田市の敬老会は今年から様変わり

今日は敬老の日。全国で様々な行事が行われましたが、私の地元成田市内でも敬老会などが行われました。

成田市ではこれまでの全市内を対象とした大規模な敬老会を改め、今年から地区ごとの開催に変更しました。
この地区ごとの開催については、数年来議論してきた経緯がありますがようやく今年度から実行に移ったものです。

20120917_113320 そして今日は成田市の西部にある公津地区敬老会が開催されましたが、会場となった西中学校には約600名もの高齢者が集まりました。
昨年までの成田国際文化会館大ホールで行っていた敬老会に比べて飛躍的に参加率が高まったと言えます。
これは、身近な地域での開催という事が大きな要因であり、行事への参加についてもきめ細かく情報伝達が行われたものと推察しています。

参加者の方々に聞いてみても「地元での開催で参加しやすくなった」との声が多く、また、地元開催となった初年ということで興味を持っていただいた事もあったようです。

ただ主催者からは、これから地域で継続的に充実した行事として行っていく上で幾つかの問題点も指摘されていました。
今後他の地区での開催も予定され、参加者や主催者等から多くの方々のご意見が寄せられるものと思いますので、市としてそれらの意見を受けての対応を講じてもらいたいと願っています。

20120917_113353 写真は午前中最後の出し物。
会場を提供してくれた西中学校のブラスバンド部と書道部のコラボレーション、書道パフォーマンスです。

|

« 小学校運動会、そして「ナリフェス」 | トップページ | 羽田の国際線拡充は、まさに「蟻の一穴」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田市の敬老会は今年から様変わり:

« 小学校運動会、そして「ナリフェス」 | トップページ | 羽田の国際線拡充は、まさに「蟻の一穴」 »